ベトナム料理に欠かせないライスペーパー!そのまま食べれる?使い方は?

観光

ライスペーパーを買ったものの余った…
冷蔵庫の掃除をしていたら、
余ったライスペーパーが出てきた!

 

こんな経験も少なくないと思います。

 

ベトナム料理に欠かせないライスペーパー、
水で戻したり、油で揚げたり、使い方が面倒!と思われがち。

 

でも本場のベトナムでは、
そのまま食べれるライスペーパーの使い方が充実!

 

ベトナム料理をアレンジすれば、
そのまま食べれるライスペーパーの使い方が
たくさんあるので、まとめてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ライスペーパーの原料や味は?

ウィキペディアから

薄いシートのような見た目のライスペーパー。

 

はじめて見た人は、
「これって食べられるの?」と言う人もいるぐらい(^-^;。

 

ライスパーパーの作り方は、とてもシンプル!
お米をくだいて、乳液状にしたあと、
丸くひろげて蒸して、乾燥させるというもの。

 

やぶれにくく食感をよくするために
米粉の他にタピオカ粉が入っていることも、
基本的に、お米がメインのシンプルな食材です。

 

味は?と聞かれれば
「ほとんどしない!」と私は答えてます。

 

ただ気になる人が多いのは「匂い」
お米からくる、独特の匂いが苦手!と言う人も…
そのため、ライスペーパーを使う料理は、
濃い目のたれにつけるものが多いですね。

 

ベトナム料理に欠かせないライスペーパー!もどさないで提供される!?

ベトナムに行くと、これでもか!というほど、
ライスペーパーを使った料理がたくさんあります。

生春巻き

日本で大人気の生春巻きは、
ベトナムでは「ゴイクォン」と呼ばれ、
屋台などで安い値段で売られています。

生春巻き 細はこちらで確認出来ます 
※All Aboutさんのサイトから

 

揚げ春巻きも、ベトナム料理の定番!
たくさん作って、大皿でみんなで食べる、
そんなパーティーレシピでもあります。

 

ベトナム風お好み焼きと言われる「バインセオ」
具材をまるめて食べるため、ライスペーパーは必需品。

 

もどさないでそのまま提供されます
かたいまま!?とびっくりしますが、
料理の余熱とタレを使えば、
簡単にやわらかくなります。

バインセオの詳細&レシピ ちらで確認出来ます 
※日本エスニック協会さんのサイトから

 

とくにホーチミン市内の屋台でよく見られるのが、
ライスペーパーの「網焼きバンチャンヌン」
たまごやネギ、ひき肉などをちらして、
パリパリに焼き上げたものを、
クレープのように食べるというもの。

現地の網焼きバンチャンヌーン こちらで確認出来ます 
※ベトナムローカルフードさんのサイトから

 

水でもどしたもの、もどさないもの、
焼いたり揚げたりと、
ライスペーパーを毎日の食事に、
いろいろと取り入れているんですね!

 

そのまま食べれる!もどさないならバインチャンヌンが簡単!

ライスペーパーで何か料理を作りたい!
でも、くっつくから面倒…

 

もっと気軽にライスペーパーを料理に使いたい
その思い、とってもわかります、
だって私がそう思ったから(^-^;

 

もどさない使い方を紹介

2つご紹介しますね。

 

バインチャンヌーン

先程お話したベトナムで大人気!そしてとっても簡単!

 

ライスペーパーを、唐辛子のたれで絡めた、
若者に人気のストリートフードです。

 

主に道端の露天で売られており、
自分でたれをまぜるシンプルなものから、
具材の種類が豊富な本格派!?まで、
種類が豊富なのもバインチャンヌンの特徴。

 

バインチャンチョン

細切ライスペーパー、ベトナムの定番おやつ!

 

小さく切ったライスペーパー、
パパイヤの千切り、干し肉や干しエビ、
ピーナッツ、香草などをいれてしっかりミックス。

バインチャン

 

味付は、ラー油や魚醤、甘辛さがやみつきになります。

バインチャン味付き

 

現地の様子 ちらで確認出来ます
※Fu/真面目に生きるさんのサイトから

 

これを日本で作るのはちょっと大変かも…
でも参考にして出来る材料でチャレンジなら出来る
実際現地の家庭で作るときはもっとシンプルらしい。

 

ライスペーパーをもどさない使い方で、
味付のみ、具材は無!
ラー油、魚醤、塩、輪切りにした唐辛子を入れ、
最後にすだちをさっと絞る!

 

調味料を買いそろえなくても大丈夫?!

食べるラー油があれば、
足りない調味料をカバー出来た上に、
味がさらにしっかりしみ込んで、
本場に近い、もしくはそれ以上!?の味です(笑)

 

まとめ

くっつくから面倒…
余らせてしまうことも多いライスペーパー。

 

ベトナム料理にはもどさない使い方も、
意外にたくさんあるんです!

 

そのまま食べれるライスペーパー、
日ごろの料理やおつまみに、
取り入れてみてください。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

コメント