冬の旅行は沖縄の島へ行こう!冬のオススメ沖縄離島5つとは?

観光

冬の旅行と言えば、
温泉やウィンタースポーツを楽しむ季節ですよね。

 

そんな冬も素敵ですが、
寒さが苦手なあなたは離島に行きませんか?
都会で疲れた心と身体を癒せちゃいます!

 

今回はおススメの沖縄の離島をご紹介します。

冬の沖縄に行くメリット5つ 確認してみる

 

スポンサーリンク

おススメ離島5つ!

渡嘉敷島

渡嘉敷島

那覇から一番近い島です。
那覇の泊港から高速船で約35分、フェリーでも約70分で行くことが出来ます。
アクセスが良く「ケラマブルー」を
望むことが出来る大人気のスポットです。

 

慶良間諸島は、海がとても美しく
国内外から多くのダイバーが訪れます。

 

また林道大谷線には日本一早く咲く
桜「ヒカンサクラ」や
照山に咲く「ケラマツツジ」などの植物が
1月~3月の冬に見頃を迎えます。

冬のケラマブルー 確認してみたい
LINEトラベルjp 旅行ガイドさんのサイト

 

竹富島

竹富島

伝統の赤瓦屋根の民家やのんびりと進む水牛車
沖縄の原風景を色濃く残した美しい島です。

 

石垣港からフェリーで約10分なので
日帰りも可能ですが、宿泊がオススメ!

 

西桟橋からの夕焼けが息をのむほどの美しさ、
夜になれば、観光地の竹富島から地元の竹富島に変わる素敵な時間帯です。

 

この時間を過ごせるのは宿泊した人だけの特権です♪

西桟橋からの夕焼け 確認してみる
じゃらんさんのサイトから

 

宮古島

宮古島

珊瑚礁が隆起してできた宮古島は
赤道が近く亜熱帯気候のため
12月~2月の平均気温が18℃と過ごしやすい!

 

東京からもアクセスが良く、
航空費や現地の価格の下がっているため
夏に憧れていた「贅沢旅」を堪能することが出来ます。

 

宮古島にずらーっと並ぶサトウキビ畑
サトウキビの旬は2月です。

 

青い空と白い穂をつけたサトウキビ畑は
宮古島ならではの風景を楽しめます!

 

さとうきび畑迷路が期間限定で開催
2018年だと1月27日~3月11日に開催でした。

冬に開催 詳しく確認してみる

 

西表島

西表島
島の約9割が亜熱帯のジャングルで
占めているほど自然豊かな島です。

 

冬の海水透明度は世界でも3本の指に入ると言われていています。

 

西表島に来たなら「マングローブカヌー」ですよね!
オフシーズンであれば予約も取れ、
観光客が少ないのでのんびり楽しめます。

 

そして、2018年に西表石垣国立公園では
国内で初めて「星空保護区」に認定された場所なんです!

 

ぜひ、世界に認められた星空観賞を楽しんでください★

その星空 確認して見る
安栄観光さんにサイトから

 

波照間島

波照間島

日本最南端に位置する有人島です
石垣港から高速船で約1時間ほどで行くことが出来ます。

 

波照間島、最大の魅力は独特の青い輝きを放つ
「ハテルマブルー」です。

 

中でも「ニシ浜」は八重山有数の
美しさを誇るビーチとして人気です。

 

また、ここには人工的な光がほとんどなく、
満天の星を楽しむことが出来ます。

 

波照間島は日本で唯一、
南十字星を観測できるため天体観測の地として注目のスポットです!

南十字星 確認して見る
We Expediaさんのサイト

 

まとめ

まとめ
いかがでしたか?
冬の沖縄は人も少なく、
自然がより一層綺麗な姿を現してくれる季節です。

 

夏にはできないアクティビティや贅沢旅など、
いろんな旅プランが浮かびますね。

 

いつもとは違う沖縄で、
あなただけの南国リゾートライフを楽しんでくださいね!

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

コメント