ホタル観賞の服装は何がいい?虫よけ対策は必要?持ち物は?ホタル観賞に必要なこと徹底解説!

観光

夏は暑くて虫も多くて嫌いな人も多いと思います。しかし、嫌わる虫の中でも「ホタル」は昔から日本人に愛されてきた夏の風物詩。

 

初めてホタル観賞に行く前に気になる事
・服装は?
・持ち物は?
・虫よけは?
・沢山飛んでる時は?などなど
全てまとめてご紹介します
ホタル観賞が初めての人でもこれを読めば大丈夫!

 

スポンサーリンク

ホタル観賞をする時の服装は何がいいの?

ホタル観賞をする時の服装

上下長袖の服装をおススメします、そして靴も動きやすく汚れても大丈夫な物が良いですね。

 

おススメの服装の理由は?

ホタル観賞が始まるのは夏なので虫が多いです。ホタル観賞が簡単に出来る観光スポットであれば特に気にすることはありませんが、自然の中を歩いてでホタル観賞をする場合は服装に気を付けましょう。

 

ホタルが住んでいるのは水の綺麗な草むらであることが多いです。水辺近くの草むらでホタルを見ることになるので虫刺され対策として上下覆われてる事がベスト!

 

動きやすさも大切なので、スカートよりもスキニーのようなパンツスタイルがオススメです。ホタルは水辺近くに生息しているので足元がぬかるんでいることもあります。だから靴は動きやすく・汚れても大丈夫な物がベスト!

 

ホタル観賞で虫よけはダメ?!

虫よけはダメ

ホタルも虫なので虫よけ対策をすると逃げてしまいます!

 

自然の中を歩くので、どうしても「蚊」が気になりますよね。虫に刺されないように虫よけスプレーをしたい気持ちは分かりますが、極力控えましょう。

 

虫に刺されないような服装で対応してださいね。また、ホタル観賞を行っている主催団体によっても異なるので事前に確認しておきましょう。

 

ホタル観賞で必要な持ち物とは?

必要な持ち物

薄手のアウター

場所によりますが、山の方へ行く場合や流れがある川に行く場合は少し冷えることを考えて薄手のアウターを持っていきましょう。持ちハビ安く脱ぎ着のしやすいものが良いですね。

 

懐中電灯

夜道を歩くことになるので足元を照らす懐中電灯を持っていきましょう。携帯よりも持ちやすく、汚れても壊れても大丈夫なので安心ですよ。

 

軽食、飲み物

ホタルを見に行くときや帰りにちょっとお腹がすくかも、軽食を持ってくと良いです。歩くので飲み物は忘れずにお持ちくださいね!ゴミ袋を持ち持ってきたものは全て持ち帰りましょう。

 

カメラ

ホタルを観に行ったなら、その時を残したい!
そう思いますよね。

 

ですが、撮影するのは結構難しいんです(^-^;
綺麗に撮る方法をこちらで紹介しています

 

参考にしてもらえると嬉しいです。

 

ホタル観賞の情報色々

時期や時間帯

ホタル観賞の時期は?

関東      6月~7月
北海道や東北  6月~8月
沖縄や九州   5月~6月

地方によっては時期が少し前後にズレます。

 

もっと詳しく知りたい時 「ホタル前線」をチェック
ホタル前線さんのサイトです

 

ホタルが飛び交う時間帯は1日に何回ある?

ホタルが飛び交う時間帯

3回あります、その時間帯は

1回目:19時~21時 
2回目:23時前後 
3回目:深夜2時頃

 

この中でも1回目の19時~21時の時間帯が一番多くのホタルを見ることが出来ます。19時頃からちらほらを飛び始め、21時を過ぎると飛んでいるホタルは少なくなっていきます。

 

ベストな時間はいつ?

20時~21前が一番のピークを迎えます、その時間帯に見られる様に予定を組むと良いですね。

 

ホタルがたくさん観える条件って何?

ホタルがたくさん見える条件

・風が穏やか
・でもジメジメとしている
・そして雨が降ってない
・曇っている夜

雨上がりだと一番良い条件がそろっています、ホタルが飛び交うためには時間以外に天気も関係してきます。

 

ホタルは雨の日でも観れる?

雨の日だけでなく風が強い日も観れないです。

 

求愛行動より自分の身を守るから、葉っぱの裏や岩の陰で隠れていることが多いです。夏の天気は変わりやすいので、事前に天気を確認することをお忘れなく!

 

ホタル観賞の時のマナーとは?

大声を出さない

大声を出さない

自然の中で生きている生き物はとてもデリケートです。突然、大きな音を出されるとビックリして隠れてしまいます。ホタルを見つけても「あっ、いたっ!」と大きな声を出さないように気を付けましょう。

 

お喋りや物音は小さめに!また、忘れがちな笑い声にも注意しましょう。

 

ホタルを光で照らさない

ホタルを光で照らさない

ホタルは光を嫌います!
周囲が明るいと自分の光が弱くなってしまい光るのをやめてしまいます。

 

ホタルの光は分かりやすいのでライトや懐中電灯で照らす必要はありませんよ。暗闇の中で美しく神秘的に光る自然の光を大切にしましょう。

 

ホタルを持ち帰らない

ホタルを持ち帰らない

日本に生息しているホタルは生息地の汚染により数が少なくなっています。そのため、捕まえたり持ち帰ったりはしないでください。

 

大人のホタルは2週間しか生きることが出来ません。次も素敵な光を楽しむためにも目に焼き付け、持ち帰らないようにしましょうね。

 

ゴミは持ち帰る

ゴミは持ち帰る

ホタルは綺麗な水がないと生きていけません。あなたのポイ捨てがホタルの命を絶やしてしまうかもしれません。

 

持ってきたゴミはしっかりと持ち帰りましょう!ゴミが落ちていたら拾って帰ると次はもっと多くのホタルが飛び交っているかもしれませんよ。

 

草むらに入らない

草むらに入らない

ホタルは水辺近くの草むらで見ることが出来ます。「もっと近くで見たい!」という思いから近づくのはNGです!

 

※飛んでいるのはオス、メスは草むらにいます。
誤って草むらに入るとメスを踏んでしまうことがあるので、ホタルを見る時は草むらに入らない距離で観賞しましょう。

 

ホタル観賞をより楽しむためのマメ知識

ホタル観賞をより楽しむためのマメ知識

マメ知識①ホタルの種類

ゲンジボタル

ゲンジボタル
日本固有で日本の代表的なホタル。

 

ゲンジボタルは一番強い光を長い時間放ち、丸い山を描くように飛びます。河川のや水路ような流水のあるところで見られます。主に本州・四国・九州に生息しています。

 

ヘイケボタル

ヘイケボタル

日本では沖縄以外で見ることが出来ます。

ヘイケボタルは1秒ごとに点滅する光り方をして真っすぐ飛びます。ゲンジボタルよりも光や弱く、各地の田んぼや流れの少ない川、池で見ることが出来ます。

 

ヒメボタル

ヒメボタル

日本固有のホタルで日本にしか生息していません。

ヒメボタルはフラッシュのような点滅で光り、ジグザグに飛びます。ゲンジボタルやヘイケボタルより黄色っぽいです。主に山や林などの陸地に生息していますが、ビルが立ち並ぶ都会や田舎の民家でも見ることが出来ます。

 

マメ知識②ホタルが光る理由

ホタルが光る理由

ホタルが光る理由は複数あるんです。有名なのが「求愛」ですね。オスが光を放ちながら飛び、草むらにいるメスにアピールしています。その他にもコミュニケーションを取るために光っていたり、威嚇だったりと「求愛」以外にもいろいろと使われているんです。

 

強い光を放つのはオスですが、メスも小さく光っているんですよ。

 

マメ知識③ホタルが水辺を好む理由

ホタルが水辺を好む理由

ホタルの生息地は水辺が多いですが、これには「エサ」が関係しています。

 

ゲンジボタルやヘイケボタルの幼虫はカワニナなどの貝類を食べているからなんです。成虫になると葉っぱの水滴だけを飲んで短い生涯を過ごします。

 

また、ヒメボタルは貝類の他にもカタツムリやミミズなどの昆虫類を食べることから近くに水辺がなくても生きていけるのです。

 

ホタル観賞にぴったりのおすすめスポット5選!

【宮城県】東和町ゲンジボタル生息地

東和町ゲンジボタル生息地

国の天然記念物に認定されている東和町のゲンジボタル生息地。毎年6月~7月にたくさんのゲンジボタルを見ることが出来ます。鱒渕川(ますぶちがわ)沿いでは水面に映る幻想的な光は多くの人を魅了します。

詳しく確認してみる 東和町公式HP

 

【東京都】久我山ホタル祭り

久我山ホタル祭り

毎年6月の2日間だけ行われるホタル祭り。地元の商店街や学校で人工飼育されたホタルが玉川上水と神田川で放流されます。都会に放たれる幻想的な光に心を奪われます。日中はホタルの展示や多くのお店でにぎわっていますよ。
詳しく確認してみる 久我山商店会HP

 

【長野県】信州辰野ほたる祭り

信州辰野ほたる祭り

辰野町の松尾峡にはホタルの名所があります。辰野には天竜川があり、たくさんのゲンジボタルと出会うことが出来ます。6月中旬に行われる「ほたる祭り」では県外からも多くの人がホタルを楽しみに集まります。
詳しく確認してみる 辰野町観光サイト

 

【兵庫県】内尾神社

内尾神社

兵庫県の丹波市にある「内尾神社」。真っすぐに伸びた参道の両側には天に向かって伸びる杉並木がなんとも神秘的です。6月~7月頃には森のホタル「ヒメボタル」が飛び交います。神秘的な神社と幻想的なホタルの光が融合し、とても美しい夏の光景を見ることが出来ます。
詳しく確認してみる 丹波市観光協会HP

 

【沖縄県】西表島

西表島

沖縄県の西表島に生息する「ヤエヤマヒメボタル」。2月から始まので、早い時期から見ることが出来ます。鬱蒼と生い茂るジャングルの中で小さく光るヤエヤマヒメボタルはなんとも言えない美しさです。また、沖縄には固有のホタルが多いので、いろんなところで出会うことが出来ますよ。
詳しく確認してみる 石垣島のホタルツアー

 

自分の地元で鑑賞できる場所は?

ホタル観賞の場所は他にも色々あります。

 

2019ホタル観賞15か所 マイトリップさんのサイトです

 

自分の行ける範囲で見つけたい 楽天トラベル たびノート検索サイトです

 

まとめ

今回はホタル観賞についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

ホタルはデリケートな生き物なので綺麗な環境でしか生きられません。ホタルを鑑賞する際はマナーに気を付けて、ホタルの綺麗な灯を絶やさないようにしましょう。今年の夏は日本の夏の風物詩「ホタル」を是非、楽しんでくださいね。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#ホタル観賞 服装  #ホタル観賞 虫よけ #ホタル観賞 持ち物

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント