夏バテでだるくなるのは?その原因は?夏バテの予防や解決策などを紹介!!

生活

ジメジメとした暑さが続く日本の夏は体調を崩しやすいですよね。夏バテ気味だなと感じる人も少なくないでしょう。一度、夏バテになると体がだるくなり、やる気が出来ないのでほんとに厄介者です。

 

しかし、あなたの生活を見直せば夏バテを避けることが出来ます。今回は夏バテについて紹介します。

 

夏になると訪れるゲリラ豪雨と夕立の違いは? 確認してみる

 

スポンサーリンク

夏バテ症状でだるくなるのは?

症状だるい
日本の気候は暑さとジメジメした高温多湿です。人の体は気温によって体温を調整していますが、高温多湿という気候は体力消耗しやすい特徴を持ちます。

 

そのため体が夏の暑さに対応しきれず、だるくなります。その他にも体調不良を引き起こしてしまうからツラくなります。

 

そもそも夏バテの原因って暑さだけなの?

 

夏バテの原因は何?

夏バテ原因

夏バテの原因はいくつかあります。今回は大きく3つに分けて紹介します。

 

自立神経の乱れ

自立神経の乱れ

自律神経とは呼吸、心臓を動かす、消化、血液を全身に循環させる、体温の調節などを行っている神経です。自律神経は私たちの命を維持するために必要な働きをしてくれている大事な神経なのです。

 

自立神経には交換神経と副交感神経があり、この2つのバランスが乱れると睡眠障害や体のだるさなどの症状が現れます。夏の暑さと室内の寒さの気温差で自立神経のバランスが乱れやすいので気を付けましょう。

 

食欲不振による栄養不足

食欲不振による栄養不足
夏にはさっぱりとした物が食べたくなりますよね。お野菜だったり、そうめんなどを食べたくなりますが、偏って十分な栄養が取れなくなってしまいます。

 

また、夏はたくさん水分を取るので水腹になってしまい、食事を疎かにしてしまう人が多くなります。そのため、栄養不足になり夏バテを引き起こす原因になります。

 

水、ミネラル不足による脱水

水分補給はこまめに取る

夏は汗をかくので水分補給が大切、ですが汗で出ている分を摂取するのはなかなか難しいです。

 

汗は99%が水で残りの1%がミネラルです。そのため、いくら水を飲んでもミネラル不足で脱水症状を起こすことがあります。脱水症状になると常に体が疲れているような感じになり、夏バテの原因にもなります。

 

夏いくら飲んでも喉が渇く!理由と原因は?効率的な水分補給の方法は?

夏バテの症状チェック項目

なんか体がだるいけど「これって夏バテなの?」と疑問に思ったなら、夏バテの症状チェックをしてみましょう。

①食欲がない

②体がだるく、疲れた感じがする

③集中できない

④頭痛がする

⑤吐き気がある

当てはまる項目が多いほど、夏バテになってる可能性大。

 

タケダ健康サイトさんで「夏バテセルフチェック」をして夏バテになるのを防ぎましょう。夏の過ごし方によっては夏バテにならなくて済みますよ!

 

夏バテの解決策は?どうすればいい?!

解決策は

夏バテになると仕事に身が入らなくなり少し迷惑ですよね。現代人は夏バテになりやすい特徴を持っています。あなたが夏バテになったときの対処法を紹介します。

 

・27度~28度くらいの室内で休む

・十分に睡眠をとる

・スポーツドリンクを飲む

・夏野菜やお肉、フルーツを食べて栄養をとる

・38度~40度くらいのぬるい湯船に浸かる

・三食しっかり食事をとる

夏バテだなと感じたら十分な休みをとって栄養を補うようにしてください。規則正しい生活を送ることが一番の解決策です。

 

夏バテになりやすい人の特徴とは?

夏バテになりやすい人の特徴

最近、夏バテになる人が増えています。その原因として生活習慣が関係しています。夏の過ごし方や食べ物に気を付けることで夏バテを防ぐことが出来ます。まずは生活習慣が乱れていないかチェックしましょう。

 

①冷房を付けた部屋ですごく時間が長い、寝る時も冷房を付けている

②外に出ず、運動をしない

③生活が不規則で睡眠時間がバラバラ

④インスタントの食品が多い

⑤冷たい飲み物ばかり飲んでいる

⑥食事をきちんととっていない

⑦野菜を食べない

⑧お酒をたくさん飲む

⑨ジュースや炭酸飲料をたくさん飲む

⑩入浴はシャワーだけ

「はい」と答える項目が多いほど夏バテになりやすい状態です。

 

現代人の忙しさで生活を整えることは難しいかもしれませんが、少しずつ生活習慣を見直してみると元気な夏が過ごせるだけでなく、日々健康に過ごせます!

 

夏バテ予防とは?夏バテを未然に防ぐ!

栄養バンスの良い食事をとる

栄養バンスの良い食事をとる

夏バテは栄養も関係しています、栄養不足にならないように栄養バランスの良い食事をとりましょう。夏バテ予防で必要な栄養素は「ビタミンA・B1・C、たんぱく質、ミネラル」です。お肉や夏野菜、フルーツを摂取するように心がけましょう。

 

おススメ料理は?

豚の生姜焼きやゴーヤチャンプル、うなぎのかば焼き。また、すぐに取れる栄養としては「梅干し」がオススメです。※ただし食べすぎ注意なので気を付けましょう!

 

しっかり休む

しっかり休む

疲れをためてしまうと夏バテになりやすくなるので、しっかりと睡眠をとりましょう。規則正しく早寝早起きをしましょう。

 

質の良い睡眠をとるために下準備をすることも大切です、おススメしたい事は「湯船に浸る」。暑くなると寝苦しくなり寝付けない人は「氷枕」が良いですよ。後、ヒンヤリする寝具を使うと気持ちよく眠れます。

 

水分補給はこまめに取る

水分補給はこまめに取る

普段から水分をとることを意識しましょう。暑くなると運動してなくても汗が出てきます。

 

汗が出る前に水分補給をしないと水分不足になってしまうので、こまめに水分補給しましょう。お水を飲むことも大切ですが、ミネラルも摂取できるスポーツドリンクがオススメです。

 

夏の過ごし方を考える

夏の過ごし方を考える

夏は室内と外の気温差が激しいです。外は暑いのにお店に入ったら一気に冷えたり、オフィスが寒かったりします。激しい気温差は夏バテになりやすいので、冷え対策をしましょう。

 

また、家では冷房の温度を下げすぎないように気を付けましょう。夏の暑さに体を慣れるようにすると夏バテになりにくくなります。

 

まとめ

いかがでしたか?夏バテは私たちの生活が原因で引き起こされるものでした。現代人の生活が私たちの体にダイレクトに表れていたのです。今年の夏はしっかりと夏バテ対策を行って、元気で楽しい夏を過ごしましょう!

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#夏バテだるい  #夏バテセルフチエック #夏バテ予防 #夏バテ解決策

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント