40代女子が寝付けない原因は?スムーズに寝るおススメの方法3つ!

生活

早い時間にベッドに入っても
なかなか寝付けない!眠れない!

 

睡眠は「3大欲求」の一つで、とても大切な行動、
でも最近、よく眠れないという声を聞きます
あなたもそんな思いしていませんか?

 

今回は、「睡眠」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

寝付けない原因ってなに?

ベッドに入って気がついたら30分も経っていた!
なんて経験ありませんか?その原因って…

ストレスや緊張による自立神経の乱れ

自律神経には、
交感神経(活動モード)
副交感神経(リラックスモード)の2つの神経があります。

 

仕事や人間関係などからストレスを抱えていたり、
嬉しかったり、嫌なことを考えてしまうと
脳が活動モードになってしまい、
なかなか寝付けない原因になってしまいます。

 

寝るときは身体をリラックスモードに切り替える必要があるのです。

 

体内時計の乱れ

体内時計乱れ

私たちには「体内時計」が備わっています
「日中は太陽を浴びて活動し、夜は寝る」
そういうサイクルが出来ているんです。

 

しかし起きる時間や寝る時間、
食事の時間など毎日バラバラに過ごしていると
体内時計は乱れてしまい、
睡眠と覚醒のコントロールがうまくいかずに寝付けない原因となります。

 

寝る前の悪い習慣は?

スマホ

最近、寝る直前までスマホやテレビ、
パソコンをしている方は多いと思います。

 

これらは睡眠を妨げる悪い習慣です!

 

スマホをベッドの中に持ち込んで使用してません?
ブルーライトや強い光を浴びることになります。

 

脳が勘違いして活発モードになってしまい、
なかなか眠れなくなります。

寝る前のNG行動5つ

1.カフェインを摂取する

2.スマホやパソコンを使う

3.たくさん夕飯を食べる

4.たばこやお酒

5.熱いお風呂

上記の5つは睡眠を阻害するものです
特に電子機器の使用には注意しましょう!

 

寝る前にオススメの習慣は?

気持ちよく眠るには、
体内時計を戻すことと寝る前の習慣が大切です。

 

寝る前に毎日、同じ行動を繰り返すことで
脳がリラックスモードになり、寝付きが良くなりますよ!

 

寝る前に良い事3つ

1.身体を温める

温かい飲み物

人は寝るときに身体の中心を冷やし、
熱を放出しています
寝る前に体温を上げておくことで寝付きが良くなります。

 

身体を温める方法としては、
38~40℃くらいのぬるま湯で
30分~1時間程度の入浴がオススメです。

 

ホットミルクやハーブティー、
生姜湯などの飲み物で身体を温め、
気持ちもリラックスさせることが出来ます。

 

2.音楽や読書でリラックス

読書

寝る前に自分の好きな音楽、
リラックスする音楽を聴いて気持ちをリラックス。

 

読書をして自分の時間をのんびりと過ごしましょう
のんびり過ごすことで脳がリラックスモードに入り、寝付きも良くなります。

 

3.アロマをたく

アロマ

アロマは香りの力で脳や身体をリラックスさせ、
睡眠に入りやすいリラックスモードの状態を作り出すことができます。

 

おススメの香りは
「ラベンダー、オレンジ・スイート、カモミール」です。

 

アロマキャンドルや
アロマディフューザーで香りを楽しみましょう。

アロマディフューザーとは

 

まとめ

睡眠

いかがでしたか?
ストレス社会の現代で、
なかなか寝付けないということも多いと思います。

 

上手に寝る前の「マイ・ルーティーン」を作り、
心身ともにリラックスモードで毎日スムーズに寝ましょう!

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

コメント