パーソナルスペースには種類と男女で違いがある?!知ると人付き合いが楽になる

生活

満員電車でぎゅうぎゅうに押し込まれている状態は非常に気持ちが悪く、ストレスを感じますよね。

 

一方で車内が空いている時は隣がいない席でリラックス出来ます。混雑していると不快に感じてしまうのは「パーソナルスペース」が関係しているんです。

 

今回はパーソナルスペースの種類と、男女のパーソナルスペースの違いについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

パーソナルスペースとは?

パーソナルスペース

一種の縄張りのようなものです。

 

人間は目に見えないテリトリーを持っていて、その個人の空間を「パーソナルスペース」と言います。

 

パーソナルスペースに親しくない他人が侵入すると不快に感じますが、親しい人であれば不快に感じることはないでしょう。

 

パーソナルスペースの大きさは人によって異なります。広い人もいれば、狭い人もいます。自分と相手のパーソナルスペースを理解することで、円滑に人間関係を築くことが出来ます。

 

パーソナルスペースには種類がある?

種類は4つ、距離によって分けられています。

公共距離(350㎝以上)

公共距離

学校の先生と生徒というように全体を見渡すことの出来る距離です。

1対複数という形で相手の表情が分かりにくく、個人的な関係は成立しにくいです。学校や講演会など、一方的に相手の話を聞くときによく用いられる距離です。

 

社会距離(120~~350㎝)

社会距離

初対面の人やビジネスの場で使われる距離です。

お互いの表情が見えづらく、手を伸ばしても触れられない距離なので、過度な緊張をしないで話しが出来る距離感です。そのため、会議や打ち合わせによく使われます。

 

個体距離(45~120㎝)

個体距離

友人関係に多く見られ比較的親しい間柄で手を伸ばせば届く距離です。

飲食店でテーブルを挟んで向かい合うくらいです。お互いの表情が見えやすく、手を伸ばせば触れ合えるので個人的な話をするときに向いています。

 

密接距離(45㎝未満)

密接距離

恋人や家族などの非常に親しい間柄で、簡単に身体に触れることの出来る距離です。

親しくない人が密接距離に入ると本当に不快に感じてしまいます…

また、手をつないだり、ハグをしたり出来るのも密接距離の関係にあるから出来ることなんですよ(^^)。

 

男女でパーソナルスペースの形は違う?!

男性より女性の方がパーソナルスペースが狭いと言われがちですが、それは男女によってパーソナルスペースの形が違うことが関係しています。

 

男性のパーソナルスペースは楕円形

パーソナルスペース男性

男性の場合は、前後に広く横幅は狭い楕円形をしています。

男性自身は楕円の中心より後方に位置します。男性自身から前方に150㎝、後ろは80㎝、左右は10㎝にパーソナルスペースが広がっています。

 

男性は親しくない人が正面にいると不快に感じやすいです。初めは横並びで話し、親しくなったら対面で話をするようにしましょう。

距離が近くて気持ち悪い男性に困っている、その特徴と対処法は?

 

女性のパーソナルスペースは円形

パーソナルスペース女性

女性の場合は綺麗な円形をしています。

女性自身は円の中心に位置しています。パーソナルスペースの大きさは半径60㎝ほどです。

 

親しくない場合はある程度の距離を置き、徐々に距離を詰めると良いでしょう。

独身女性は怖い!?距離が取れないなら上手な付き合い方は?

 

まとめ

いかがでしたか?

パーソナルスペースの大きさは人によって異なるので、自分のパーソナルスペースと相手のパーソナルスペースを理解することが大切です。

 

上で挙げたパーソナルスペースの大きさはあくまでも目安なので注意して下さいね!

 

相手のパーソナルスペースを理解すると、お互いに居心地がよくなり人間関係が円滑に進めることが出来ます。

 

また、男女のパーソナルスペースの形を理解することで恋愛でも上手く距離を詰めることが出来ますよ!パーソナルスペースを学び今以上に良好な関係を築いてくださいね。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#パーソナルスペース #パーソナルスペース種類 #パーソナルスペース男女違い

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント