寝汗がものすごい!パジャマがびっしょりとなる原因は?これは病気?

生活

夜中に寒くて起きたらパジャマがびっしょり!
夏でもないのに、朝起きたら寝汗がものすごい!
寝汗の気持ち悪さで起きてしまう。

 

人間は寝ているあいだ、眠りを深くするために
ある程度の寝汗をかくようになっています、
しかし、あまりにも寝汗が多い場合は何か原因があります。

 

そこで、寝汗がものすごいのはどうしてか、
原因と対策を詳しくまとめてご紹介します。

寝汗で布団がびしょびしょに!カビ対策は?

 

スポンサーリンク

寝汗がものすごい原因

多汗症の傾向がある

これは汗の量が多くなりすぎる状態です
寝ているときに限らず、緊張するときなど
いっきに汗がふき出す!という人は、多汗症の傾向があると言っていいでしょう。

 

多汗症の人は寝ている時、あまりリラックスできていません。
夢などで何らかの緊張状態にあり、
汗でびっしょりとなっていることが多いです。

 

ホルモンバランスがくずれている

甲状腺

考えられる原因のひとつが「甲状腺機能亢進症」
首元のあたりにある甲状腺の異常です。
甲状腺ホルモンの活動が活発になりすぎると、
体温があがり、汗をかきやすくなります。

 

甲状腺機能亢進症は、病気の診断がでる状態前でも、
とくに女性は、その傾向がある人が多いです。

 

自律神経がみだれがち

自律神経のバランスがくずれ、
血管による体温のコントロールが上手くできなくなるのが更年期障害。

 

体温を下げたい時うまく下がらず、それが原因で汗をかいてしまうのです。

 

仕事や生活のなかで、ストレスが多くかかると自律神経がみだれます。
そうなると、神経による血管の収縮や拡張がうまくいかずに寝汗を書いてしまうんです。

 

寝汗がものすごいときの対策は?

病院で診察してもらう

あまりにも汗がものすごい場合、
病気により体温調節に問題が生じている可能性があります。

 

自己判断せず、病院でしっかり検査してもらう。
そうすると自分の状態がはっきりして、的確な対策がわかります。

 

病院で診察されて病気でなかった場合は?

部屋の温度調節を見直す

エアコン

冷房をつけたり、除湿をしたりして快適な環境を作るようにします。

 

パジャマの選び方も大切

汗をよく吸い込む、寝心地に良いものを選ぶようにしましょう。

 

パジャマを清潔に

洗濯

汗を吸い込んだパジャマは毎日洗濯する、
着心地が違いますから気持ちのよい睡眠をとることができます。

 

まとめ

寝汗は「健康のバロメーター」
ただ汗っかきなのかと勝手に判断はしない様に。

 

あまりにもパジャマがびっしょり!
そんなときは、原因を探すことが大切。

 

そのうえでリラックスして寝られるように、
部屋の温度の調節や、パジャマの素材など、
対策を考えることがおすすめです。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

#寝汗 #寝汗ものすごい #パジャマびっしょり

このキーワードで検索ありがとうございます

コメント