未開封のお菓子が湿気ってる!その原因や復活方法は?湿気らない対策は?

生活

開けていないのにお菓子が湿気ていた!
湿気っていて楽しみにしていたお菓子が台無し(T_T)

 

今回はお菓子が湿気てしまう理由や、復活させる方法をご紹介します。これを読んで、湿気ったお菓子を復活させて美味しく食べましょう!

 

スポンサーリンク

未開封のお菓子が湿気るのはなぜ?

湿気る理由

お菓子の袋はポリエチレンが使われることが多いです。

 

この素材は全てを遮断出来ず、小さな空気(気分分子)を通してしまいます。酸素や窒素は分子が大きく通りにくいですが、少しずつ入ってしまいます。そのため、未開封のお菓子でも湿気てしまうのです。

 

お菓子が湿気る原因とは?

疑問

空気中の水分を吸収してしまうから。

空気中の水分とは湿度のことです。湿度が高いと乾燥しているお煎餅などは水分を吸収して「パリッ」」とした食感ではなくなってしまいます。

 

乾燥しているお菓子ほど湿気やすい理由は?

ちょっと想像してみて下さい、
乾燥しているお菓子をスポンジに置き換えて話しますね。
カラカラのスポンジほど早く・たっぷり水分を吸収します。

 

水分の少ないお菓子程、特に湿度の高い時だと普段に比べて湿気るスピードが早くなります。

 

乾燥材が入ってるのに湿気る原因は?

湿度が高いとお菓子も水分を吸収しやすく、乾燥材も水分の吸収が間に合わないから湿気やすくなります。

 

湿気ったお菓子は元に戻る?

湿気るを復活

お菓子が湿気る原因は「水分」だとお話しました。湿気たお菓子を元に戻すには水分を抜く必要があります。つまり、湿気てしまったお菓子の水分を蒸発させれば元に戻るということです。

 

湿気ったお菓子を戻す方法は?

「電子レンジでチンするだけ」です。

 

お皿に湿気てしまったお菓子をのせ10秒程度チンするだけです。この時、ラップをかけないようにしましょう。ラップをかけてしまうと水分が飛ぶのを防いでしまうので、ラップはかけずにチンしましょう。

 

たった10秒、復活させて美味しく食べましょう!

 

間違ったお菓子の保存方法は?

保存方法

開封したお菓子をどのように保存していますか?

・開封口をくるくるとまとめ
・クリップやセロハンテープ・輪ゴムで保管

 

しかし、これではお菓子は湿気てしまいます…
お菓子に適した方法でお菓子を美味しく保存しましょう。

 

お菓子の正しい保存方法

お菓子の袋ごと密閉保存

密閉保存

開封したお菓子も未開封のお菓子も袋ごと密閉袋に入れて保存しましょう。

 

密閉袋に入れることで湿気るのを防ぐことが出来ます。空気や水分を通さないので湿度が高くなるのを避けることが出来ます。お菓子を長持ち避けたいにオススメです。

 

乾燥材と一緒に保存する

乾燥材

お菓子の中に入っている乾燥材は水分を吸収する役割を持っていますが、乾燥材は消費者の手に渡るまでなんです。

 

開封したら意味がないという訳ではありませんが、外気に触れるので湿度も高くなってしまいます。その時は新しい乾燥材を入れ、密閉袋にお菓子を入れて保存すると良いでしょう。

 

高温多湿を避ける

高温多湿を避ける

乾燥したお菓子は高温多湿を嫌います。気温が高くになるにつれ、湿度も高くなっていきます。そのため気温、湿度が低いところでの保存をオススメします。

 

気温が夏場はエアコンの効いている部屋に置いておくのが良いですね。また、冷蔵庫での保存もオススメですよ。

 

普段のちょっとした疑問を解決

サイト内で紹介している記事です、「確かに!」と思う物があれば解決してもらえます。

 

ポットのお湯っていつまで大丈夫なの?! 確認してみる

 

ポットの汚れ「白・黒・緑・茶」これは何? 確認してみる

 

石鹸のひび割れ、黒い筋が気になる何とかなる? 確認してみる

 

まとめ

お菓子が湿気てしまう理由やお菓子の復活方法などを紹介しましたが、いかがでしたか?

 

日本は高温多湿な気候なので未開封のお菓子でも湿気やすいのです。湿気てしまったお菓子を泣く泣く捨てていたあなたもレンジでチンして復活させちゃいましょう!

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#湿気る #湿気る 原因 #湿気る 対策

このキーワードで検索ありがとうございます

コメント