献花台の設置は誰がする?片付けるのは?設置はいつまで?

生活

痛ましい事故が起こるたび、
亡くなった方のために献花台が設置されるのを
ニュースなどで目にします。

 

事故現場の場合、献花台は公道に設置されます
献花台の設置は誰がする?片付けは?ふと疑問が。

 

そこで、献花台の設置や片付けは誰がするのか、
いつまで設置するのかなど、気になることをまとめてご紹介します。

献花台の花の種類は?食べ物や飲み物は?選ぶ基準は?

 

スポンサーリンク

献花台の設置と片付けは道路の管理と関係ある?

事故などで亡くなられた人がいるとき、
道路の脇などに献花台が設置されてます。

 

このような場合、献花台を設置する道路を
どこが管理しているのかで設置者が変わってきます。

 

高速道路や一部の国道は国土交通大臣ですが、
その他の国道や県道は都道府県、市町村道になると市町村が管理者にあたります。

 

そのため多くの場合、県や市町村の職員が
献花台を設置することになります。

 

多くの人が悲しみにくれた
池袋の暴走事故が起きたのは都道でした
しかし、献花台を設置したのは警視庁の職員でした。

 

人通りがかなり多い場所における規模の大きな事故のため、
警視庁の対応となった様です、
臨機応変に対応されている事がわかります。

献花台にお花など供えるときに注意したいマナーは?

 

勝手に設置すると撤去されることも

個人などで献花台を設置できるのは、
その人が所有している敷地内のみ。

 

有名な方が亡くなったとき、
施設などに献花台が設置されることは
わりと多いことだと思います。

 

ただ、そうではない場合、
勝手に献花台を設置すると、撤去するように申告されることが…

 

誰かが公園内に献花台を設置したところ、
公園を管理している区役所が、
撤去することを求める看板を出し、話題になったことがあります

仙台市立中学校でイジメによる自殺で起こった事
WinF(ヴィンフ)さんのサイト

 

献花台の設置はいつまで?

献花台の設置は、設置した自治体などが、
状況をみながら判断するようです。

 

だいたい、1週間から2週間すぎると、
献花台を訪れる人も少なくなり、お花も枯れてくるタイミングで
献花台を片付けるようですね。

 

ただ、まだ献花に訪れる人が多い時期でも、
場所を移動させることもあります。

 

献花台の場所を移動させることがある?

献花台を設置することで、
近所のスーパーに無断で車を止める、
道路の点字ブロックがふさがれたなど、何らかの問題が発生したとき。

 

参考まで大津事故現場

近隣の人の生活に支障が出ていると
判断されたときは、献花台を移動し、
その後にタイミングをみて片付けるようです。

 

後、献花台に備える物は考える事が大事です
長期そのまま放置される事になります、
生ものをそのまま置いておくとどうなるか…

献花台の花の種類は?食べ物や飲み物を選ぶ基準は?

 

まとめ

献花台は、道路の管理者により設置されるため、
気持ちがあっても勝手に設置することはできません。

 

また、公道ちかくに献花台があるときは、
近所に住んでいる人のことも配慮して
献花台に行くことが大切になります。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます

#献花台設置  #献花台片付け #献花台いつまで

こちらのキーワードで検索ありがとうございます

コメント