エスカレーターにベビーカーで乗り入れるマナーは?たたむ?危険な事は?

生活

エスカレーターに乗っているとき、
たくさんの荷物と大きなベビーカーで
苦労しているお母さんを見ることがあります。

 

とくに、エスカレーターが混雑していると、
乗り降りがスムーズにできず、ヒヤッとします。

 

そこで、エスカレーターにベビーカーで
乗り入れるときマナーは?
どのような事故が起こりやすいのか?
気になったことをくわしく調べてご紹介します。

 

スポンサーリンク

エスカレーターにベビーカーを乗せないのが基本?

禁止

エレベーター協会によると、
ベビーカーの乗り入れはとても危険であるため、絶対にしてはいけないことです。

 

その理由は?

エレベーターがベビーカーの大きさにあわせて作られていないから
エレベーターに乗り入れるとき、タイヤがうまく乗らずに、
バランスを崩してしまう恐れがあります。

 

そうなると、ベビーカーは転倒!
ベビーカーに乗っている赤ちゃんが、
ケガをしてしまうかもしれません。
そして周囲にいる人も、事故に巻き込まれてしまいます。

 

エスカレーターにベビーカーで
乗り入れることが禁止されているため、
過失に問われてしまう可能性もあります。

詳しく確認してみる
一般社団法人 日本エレベーター協会さんのサイトです

 

ベビーカーのエスカレーター事故の原因は?

起こりやすい事故:タイヤがらみ

エスカレーターの乗り降りをするところには、
ステップと地面や床のあいだに、わずかな境目があります。

 

そこにベビーカーのタイヤがはさまると、
前に進むことができず、後ろに転んでしまいます。

 

起こりやすい事故:子どもが不意に動くこと

赤ちゃんよりも1歳をこえた子どもを
乗せているとき、このような事故が起こりやすい傾向があります。

 

ベビーカーを手で押さえているため、
子どもをなだめることもできず、
危ない思いをするお母さんも多いです。

 

エスカレーターに乗るときベビーカーはどうしたらいい?

ベビーカーをたたむのがマナーです。

 

そうは言っても近くにエレベーターがないと、
赤ちゃんをかかえてベビーカー持って階段をのぼるのは
至難の業!かなり大変です。

 

となると、エスカレーターを利用せざるを得ません、
その時はベビーカーが転倒することをさけるため、
たたむことが必要になります。

 

ベビーカーをたたむことで、
母親とお子さんの乗り降りが危険なく安心です。

 

乗り降りのタイミングには細心の注意が必要?

ベビーカーは頑丈である分、ぶつかるとかなり痛いです
前後をきちんと確認して、他の人に本体やタイヤがぶつからないよう気を付けましょう。

 

特にエスカレーターが混んでいるときは、
ちょっとした接触であっても、
他の利用者にけがをさせてしまうと大変です。

 

たたむだけではなく他の利用者と距離を取る、
「すみません」等、一言伝える
ベビーカーがあることを意識してもらうこともマナーとして大切になります。

 

まとめ

ベビーカーは、場合によっては、
お母さんの負担を増やしてしまうこともあります。

 

ベビーカーに対して厳しい視線を向ける人もいるので、
マナーを守って利用することが大切になります。

 

また赤ちゃんが小さいうちは、
ベビーカーは使わずに抱っこ紐で対応するなど、
赤ちゃんの年齢に応じて判断することも一案です。

 

基本的にエスカレーターはベビーカーで乗り入れるのは禁止。

 

しかし、状況によっては、どうにもならないこともあります。
そんなとき、ベビーカーをたたむなどしないと、
思わぬ事故を引き起こしてしまう危険がある事を知っておいて下さい。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#エスカレーターベビーカー  #エスカレーターベビーカー危険

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント