京都のエスカレーターは右?左?関西と関東と名古屋で違う?理由がある?

生活

旅行で京都に行くことになった!

 

一般的には、東京のエスカレーターは左立ちで右側を歩く、
大阪の場合は、右立ちで左側を歩く、と言われています。
しかし、独自の文化や風習を持つのが京都。

 

同じ関西でも大阪のエスカレーターのルールとは
少し事情が違うようです。

 

京都でエスカレーターに乗るとき右と左のどっち?
関西と関東と名古屋の違いと理由も合わせてご紹介します。

 

スポンサーリンク

京都のエスカレーターは場所によって違う?

京都駅・JR・市営地下鉄

「左立ちで、右側を歩く人が多い」

左立ち

京都は、地元に住んでいる人だけではなく、
観光や出張で日本各地からたくさんの人が来ます。
そのため京都外の人が乗り入れる場所は東京と同じ傾向。

 

京都駅に到着して、関西なので右側に立とうとすると、
多くの人が逆のルールでエスカレーターを使うので、
分からなくなって混乱した!という声も多数きかれます。

 

日本各地からの来訪者がたくさんおり、
京都市民の利用者も多いこれらの路線では、
東京ルールと同じになるのかもしれません。

 

京都市内に行くと変わる?

「エスカレーターは右立ち」

右立ち

しかし、すべてのエリアが左立ちで右を歩く
というわけではないのが京都の奥深さ、
京都駅を少し離れると、エスカレーターは大阪ルール。

 

大阪ルールがおもに適用されるのは、
阪急、京阪、近鉄の駅にあるエスカレーター、
傾向として、路線によりルールが変わってくるようです。

 

大阪ルールになる理由って?

阪急、京阪、近鉄は大阪から乗り入れる人が多い路線。

 

そのため、大阪人が利用する確率が高く、右立ち、左歩きになるようです。

 

両側立ちが定着しているのは何処?

それは名古屋。

右立ちと左立ちが混在している京都。
東京と大阪のどちらのルールを適用するのが正解?
という議論が出てきそうですが。

 

東京とも大阪とも違う、
独自の道を進んでいると思われがちですが、
この両側立ちが注目される理由があります。

 

名古屋市は、市営地下鉄でエスカレーターを
歩くことを禁止するアナウンスを2004年から実施。
そのため、右も左の空けない両側立ちが
他の地域よりも進んでいます。

 

ですが、まだ両側立ちより左立ちが多く見られます…。

エスカレーターで片側歩行はどうしてダメ?その理由は?

エスカレーターを安全に使うなら両側立ち?

日本の鉄道事業社は、
エスカレーターの事故をなくすため、
この両側立ちを定着させようとしています。

 

エスカレーターに子どもと一緒に安心に乗る方法は?

まとめ

普段、当たり前のように使っているエスカレーター、
右に立つか、左に立つか、意識しない人も多いかも、
京都は、東京、大阪、海外と、いろいろな所から来るため、
暗黙のルールもできてない、そんな不思議なエリア。

 

安全面から両側立ちが推進されている今、
名古屋ルールが安全なら他の地区でも広がると良いですよね。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#京都エスカレーター  #エスカレーター右立ち #エスカレーター左立ち #エスカレーター両側立ち

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント