ドライマウスを放置して引き起こされる症状とは?そのままにすると…

生活

最近、口が乾燥してパサパサつく
ネバツキや口臭が気になる

 

「ドライマウス」かもしれません、ドライマウスという病気は口が乾燥するだけの病気を思われがちですが、放っておくと怖い病気の一つです。

 

テレビ番組「チョイス@病気になったとき」
ドライマウスを取り上げてます 詳しく確認してみる

 

ここではドライマウスにより発生する症状をご紹介します。

ドライマウスかセルフチェック  最新の対策は?

スポンサーリンク

虫歯や歯周病になりやすくなる

虫歯や歯周病

唾液には殺菌作用があり、虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑えています。そのため、唾液が多い人は虫歯になりにくいです。

 

しかし、ドライマウスの場合は唾液の分泌が少ないので虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすい環境になり、虫歯や歯周病になりやすい口腔状態になってしまいます。

 

口臭が気になる

口臭が気になる
唾液の殺菌作用には口臭も関係しています。口臭の原因と言われているのが舌の上に出来る「舌苔(ぜったい)」、白い苔状のものです。

 

通常は唾液によって舌苔が洗い流されるのですが、ドライマウスになると舌苔が洗い流されず、舌にこびりついて取れなくなります。これにより、口臭がきつくなってしまいます。

 

口内炎になりやすくなる

口内炎
唾液は歯茎や頬の粘膜を保護しています。ドライマウスになり唾液が少なくなると、粘膜が保護されずにむき出し状態になってしまいます。

 

食べ物や歯が保護されていない粘膜に当たると傷がつき口内炎になります。また、唾液が少ないと口内炎の治りも遅くなってしまいます。

 

舌がピリピリする

舌がピリピリする

口の中は細菌が繁殖しやすい環境ですが唾液の殺菌作用によって抑えられています。ドライマウスになると唾液の分泌が抑えられ、細菌の活動が活発になります。

 

そのため、普段は抑えられている細菌が繁殖し、保護されていない舌は歯茎などの粘膜を攻撃し痛みが出てしまいます。

 

食事がしにくくなる

食事がしにくくなる

唾液は食べ物を飲み込みやすくしたり消化を助ける働きもしています。唾液のおかけでスムーズに食事が出来ていますが、ドライマウスになると食べ物がうまく飲み込めず、食事が大変になってしまいます。

 

ドライマウスの患者さんの中には、食事をするだけで痛みを感じる人もいるようです。

ドライマウスの食事で食べると良い物って?確認してみる

 

味覚障害

味覚障害

ドライマウスを放っておくと味覚障害になる可能性があります。舌には味覚を感じる味蕾細胞という細胞があります。

 

唾液が少なくなってドライマウスになると、味蕾細胞がうまく働かずに味覚障害を起こしてしまうことがあります。

 

ドライマウスの対策はガム?ホントに効果あるの?!

まとめ

いかがでしたか。今回はドライマウスによる症状を紹介しました。

 

ドライマウスの原因を見つけることで今まで悩んでいたドライマウスの改善にも繋がります。また、お口の中は体の健康状態を伝えてくれる器官なので変だなと思ったら、すぐに病院に行ってくださいね!

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

#ドライマウス症状  #ドライマウス

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント