人たらしは良い意味だった?!人たらしはモテる要素?その特徴7つとは?

魅力的

あなたはどう思う?
「人たらし」ってほめ言葉それとも悪い意味?!

 

昔から「女たらし」は、
女性をたぶらかす人のことで良い印象はありませんよね。

 

でも、人たらしと呼ばれる人の周囲には
たくさん人がいて、いつもワイワイしています
「人たらし」とは一体どんな人のことなのか?

 

人たらしの人を魅力する要素をを取り入れれば
魅力的な存在になる!そう思って調べてまとめました。

 

スポンサーリンク

人たらしとは?

たらしという意味は「騙す」ことです。

 

本来、良い意味で使われる言葉ではないですが、
豊臣秀吉が「人たらし」だったおかげで
成功したことから良い意味で使われるようになりました。

 

現在では、誰とでも分け隔てなく
付き合える人のことを「人たらし」と使います。

 

人たらしの特徴7選

マメで礼儀正しい

マメで礼儀正しい

誰に対しても礼儀正しく接することが出来て、
挨拶や感謝を忘れません
また、マメなのでちょっとした変化にもすぐに気づきます。

 

小さな変化に気づいて声をかけてくれる
そんな人は人気あります、
人たらしの術だったんですね。

 

聞き上手で話し上手

話し上手な人

話し上手な人は魅力的で、
その人とのお喋りが楽しいと感じます。

 

「話し上手」は駆け引きが上手で
自分の話ばかりではなく、
相手の話にも耳を傾ける「聞き上手」でもあるんです!

 

相手の話を聞くときはしっかりと受け止め、
自分が話すときは相手を楽しませるようにお喋りが出来る
そんな人と一緒だと、時間があっという間に過ぎてます。

 

人懐っこい

人懐っこい

人たらしは「人が好き」です
もちろん良い意味で!ですよ(笑)

 

自ら相手を嫌がったり、否定をせずに受け入れます
馴れ馴れしさとは違い、人の懐に入るのが上手です。

 

相手をよく観察し、程よい距離を保ったまま
お喋りをしてくれると
こっちから距離を詰めたい!そんな気持ちにさせます。

 

常に笑顔でポジティブ

笑顔でポジティブ

いつも笑顔でいる人の周りには笑顔な人で溢れています。

 

しかも、笑顔で過ごしている人は
ポジティブ思考な人が多いです
自分のポジティブを押し付けることなく、
相手が心地よいと感じる雰囲気を持っています。

 

素敵な人は周りまで素敵にしてしまうんですね。

 

人を褒める

人を褒める

人たらしは人間観察をよくしていて、
その人の良いところを見つけるのが得意です。

 

ファッションが素敵!とか、
あなたの話し方落ち着くわ!など
人を素直に褒められます。

 

しかも、本当に心から褒めてくれているので、
こっちも心から嬉しくなりますよね!

 

相手の名前を繰り返す

相手の名前を繰り返す

会話の中で相手の名前を繰り返している人はいませんか。

 

その人は人たらしかもしれませんよ(笑)
人は繰り返し名前を呼ばれると
「強い親近感」を抱くそうです。

 

確かに、名前を呼ばれるとちょっと嬉しくなりますよね。

 

しかもこれは、1流のビジネスマンなども
使っているテクニックなんですよ!

 

心地よい距離感

心地よい距離感

人にはパーソナルスペースがあります。

 

相手の人によってスペースの範囲は変わりますよね
人たらしは、その距離感を上手につかみます。

 

相手の様子に応じて、
声をかけたり離れたりしてます
相手にとって心地よい距離を保ち、
もっと一緒にいたいという気持ちにします。

 

パーソナルスペースって?

他人に近付かれると不快に感じる空間の事
パーソナルエリア・対人距離とも呼ばれます。

動画で確認出来ます こちらから

 

まとめ

いかがでしたか?

 

「人たらし」は本来、良い意味ではありませんが、
今やいい意味で人をたぶらかす、
虜にしてしまう、魅力的な人のことでした。

 

人たらしは人間関係の構築が得意で
どんどん輪を広げていきます
「人たらし」になって人を引き付ける
魅力的なあなたになって下さい。

 

私も出来る事から意識して過ごしてます!
少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

コメント