バレンタインメッセージ喜ばれる書き方は?相手が嬉しくなるメッセージは?

メッセージ

一年最初の大きなイベント「バレンタイ」がありますね。

 

毎年同じにならないように
気を使わなければなりません…
そんなお悩みを抱えているあなた!
今年はメッセージを書いてみませんか?

 

スポンサーリンク

メッセージを書く6つのポイント

手書きで書く

手書き

メッセージを書くときは手書きで書きましょう!

 

パソコンで作成したメッセージカードよりも
一生懸命に手書きで書いたメッセージの方が、
あなたの気持ちが伝わりますよ。

 

相手のことを一生懸命思って
書いたメッセージなら誰しも嬉しくなります
デジタルな現代だからこそ、「手書きのメッセージ」を贈りましょう!

 

「字が下手だから」と手書きを却下!
それ分かります(^-^;、私もその1人でした、
でも普段使わないこそ、手書きの思いが伝わります。

 

相手の名前を書く

相手の名前

意外と大切なことです
相手のことを思って書いたメッセージであっても
名前を書くと書かないとでは、印象が異なります。

 

相手の名前を書くことによって、
特別感がでて、
「自分のことを考えて書いてくれんだ」と伝わりますよ!

 

上司は〇〇さんや役職
後輩や同僚にはいつもの呼び方やあだ名でもOKです。

 

お祝い・感謝の気持ち

感謝

バレンタイ以外のイベントごとでも使えます、
ハッピー〇〇と添えると季節感が出て、
相手にも伝わりやすいですね!

 

お正月:「明けましておめでとうございます」
バレンタイン:「ハッピーバレンタイン」
誕生日:「ハッピーバースデイ・お誕生日おめでとうございます」
クリスマス:「メリークリスマス」

 

他にも「お疲れ様です」や
「お元気ですか」でも構いませんよ!
その時は感謝の気持ちを短文で入れると、
相手に喜んでもらえます。

 

一言「ありがとう」という気持ちを込めることが大切です。
長文にならないように気を付けましょう!

 

「いつもありがとう」や
「いつもフォローして頂いて感謝しています」などの短文を添えると良いでしょう。

 

普段言えないことや気持ちを伝える

普段言えない

この機会に普段、伝えられていないことを伝えてみましょう!

 

面と向かっては恥ずかしくて言えない言葉でも、
メッセージカードだと伝えやすいですよね。

 

普段、感謝していることを
自分の言葉に変えてメッセージとして残しましょう。

 

伝えたいことを具体的にすると、
わかりやすくて相手にも伝わりやすいですよ。

 

ストレートな気持ちを言葉にしたり、
相手の好きなところを伝えると喜ばれます!

 

未来のプラスのメッセージを書く

未来

メッセージの締めの言葉として一言、
「今後もよろしくお願いします」という意を伝えましょう。

 

これからの未来のプラスなイメージを与え、
今後の付き合いも視野に入れて書いている
という意思があると嬉しいものです。

 

「これからもよろしくね!」
「これからも一緒に仕事、頑張ろう!」などのフレーズが良いでしょう。

 

最後に自分の名前を書く

自分の名前

忘れがちですが、自分の名前を書きましょう。

 

せっかく相手のことを思って書いた
素敵なメッセージでも名前がないと意味ないですからね!

 

名前忘れ厳禁です!

 

送る相手に合ったメッセージがある?

本命の人には、
「あななの想いを素直に書く」
これが一番効果あります。

 

あなたの気持ちが伝えきれない程ある!
それはとっても分かります。

でもね、メッセージカードを開いて
びっしり羅列されてると文字に圧倒しちゃいます(^-^;
注意する点は細かくダラダラ書かない事!

 

バレンタイン参考メッセージ紹介

職場の男性に必要?喜ばれるメッセージって?
いつも接してるからこそ、一言が効果ある!

 

両親に贈るメッセージがある?
普段伝えられてない思いを伝えるチャンス!

可愛い姪っ子&甥っ子に贈る言葉ってある?
書こうと思うと迷いますよね(^-^;

 

まとめ

今回はメッセージの書き方をご紹介しました。

 

メッセージは短い分
簡潔にあなたの気持ちを書くことが大切です。

 

ストレートな気持ちが相手にとっては嬉しかったりします!
メッセージを添えて、素敵なイベントにしてくださいね。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

コメント