刺身に欠かせない「つま」と「けん」何が違うの?正しい食べ方とは?

食事

お刺身を注文すると、
かならず添えられているのが「つま」
また刺身の「けん」という言葉を聞くことも。

 

別々の言葉を使っていますが、
完全に別の食材を指しているわけではありません
実は「つま」のなかに「けん」が含まれているんです!

 

こんがらかってきましたね…
そこで「つま」と「けん」の違いは何?
正しい食べ方はあるの?
疑問をまとめてご紹介します!

 

スポンサーリンク

刺身の名わき役!?「つま」って何?

刺身に添えられるつけ合わせを、
全部ひっくるめて「つま」と呼びます。

つま

だいこん、にんじんの細切りは、
代表的な刺身の「つま」、
居酒屋などで、お腹を休ませたいとき、
しゃきしゃき食べるとおいしいですよね!

 

実は好物!という人が多いのが海藻、
わかめは、もっとも有名な「つま」の海藻です、
食感が楽しい赤い海藻はトサカノリやマフノリ
緑の海藻は、オゴノリというそうです。

 

辛味の「つま」は、わざびやしょうがなど
食欲をそそらせることはもちろん、
刺身を傷みにくくする、
殺菌作用がある食材でもあります。

 

「つま」の語源は?

たくさんの食材を指す「つま」には、
2つの当て字があり、
それにより語源に違いがあるそうです。

 

「妻」をあてる説

刺身を夫婦に例えるもの、
魚などは夫、殺菌作用などで支える食材が妻。

 

夫を支える妻の姿を刺身に見立てています。

 

「褄」をあてる説

これは「端っこ」という意味で、
文字通り刺身の盛り合わせの端っこにあるもの、
というシンプルな意味です。

 

参考にさせてもらったサイト こちら
※日本料理、会席・懐石案内所より

 

しゃきしゃきおいしい!「けん」の意味は?その役割は?

繰り返しになりますが「けん」は「つま」の一部。

 

細切りにした野菜をまとめて「けん」と呼びます
呼び名の由来は、細く切った野菜の鋭さを、
文字通り「剣」に見立てたから。

 

もっとも有名な「けん」は?

言うまでもなくだいこん!です。

 

にんじんが添えられているのを
見ることも多いと思います
また、きゅうりやかぼちゃが使われることも。

 

「けん」は辛みと同じく殺菌するという目的と
食欲をそそらせる際にも効果的です。

 

さらに注目したいのが、
刺身の盛り合わせの美しさを
際立たせることにも役立っていること。

 

魚の刺身の下にしきつめたり、
器に山のように盛ったり…
しその緑や食用菊の黄色と合わせて、
色彩のコントラストを強調することも。

 

魚を立体的にしてくれる「けん」は、
刺身の盛り合わせになくてはならない存在!です。

 

フードコーディネーター直伝
参考になる盛り付け方 こちら

刺身盛り

味だけではなく目でも楽しめる!
そんな日本の和食の食べ方を、
陰で支えているのが「けん」なんですね!

 

マナー的に「つま」を食べるのはOK?

自分の好きな「つま」は、もりもり食べる!
でも絶対「つま」を食べない!
その理由や食べ方もさまざま。

 

食べない人の理由は?

「つま」は刺身の飾り!
むしゃむしゃ食べたら、ちょっと恥ずかしい…

 

食べられなかった場合
使いまわししてそうで汚い…

 

食べる人の理由は?

口の中がスッキリして美味しく食べれる。

 

シンプルに「好きだから!」

 

和食のマナーとしては?

「つま」を食べるのはOK!

 

刺身に「つま」が添えられているのは、
口のなかをさっぱりさせて、
次に食べる料理を楽しむ、という目的があるから。

 

「つま」の食べ方としては、
違う魚を食べる間に食べる、
刺身と別の料理の間に食べると良いですね。

 

いろいろな食事をおいしくいただくために、
大活躍!するのが「つま」なんです。

 

まとめ

「つま」と「けん」の違いがはっきりあるのではなく、
「つま」の一部の野菜の細切りを「けん」と呼ぶんですね。

 

だいこんやにんじんを細切りにした「けん」は、
殺菌だけではなく、刺身を立体的に盛り付けて、
見て楽しむ料理を作ることにも貢献。

 

ぜひ刺身の盛り合わせを食べるときは、
添えられた「つま」にも、ぜひ注目を!

 

食べ方も意識してみると、
刺身がよりおいしくなるはずです。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

コメント