梅干しにカビが生えたら?見分け方や原因は?放置したらどうなる?

梅漬ける 食事

梅干しを漬けていて異変が!?
最初は「何だろ?」でしたが直ぐ「カビかも!」と思いました
以前、友達から冷蔵庫の梅干しにカビで捨てたと聞いていたので(-_-;)。

 

カビにも種類があり
見分け方がよく分からない!こともあります。

 

そこで、梅干しのカビの種類や見分け方
カビが発生する原因、
そのまま放置するとどうなるのか、まとめて紹介します。

 

スポンサーリンク

梅干しのカビにはどんな種類があるの?

梅干しの白カビ

もっとも梅干しに生えやすいカビ、
ふわふわしているのが特徴です。

 

カマンベールチーズのカビも、実は白カビの一種
そのため、白カビ自体は、食べても大丈夫ですが、
他のカビが生える原因になるので取り除きましょう。

 

梅干しの黒カビ

白カビと異なるのは、黒カビにはアレルギーを
誘発する可能性がある点。
また一度、黒カビが生えると他のところにも生えやすくなります。

 

そのため、梅干しに黒カビを見つけたら、
早いうちにしっかり取り除く事!

梅洗う

梅干しのピンクカビ

漬けている梅干しが、ピンクのべっとりしたもので
おおわれていた!

 

ピンクカビも、そのままにしていると、
他のカビが発生する原因になります。

 

カビがついている梅干しを取り除き、
梅酢を沸騰させ冷まして梅を戻す事をおススメします
※使用している瓶も熱湯消毒を!

 

カビの種類は分かった、でもカビの判断どうしたら?
見分ける方法をご紹介します。

 

梅干しのカビの見分け方は?

梅干しに白いものがあるとき、
塩の場合もあるので見分ける必要があります
塩分の濃度が高い梅干しの場合、
塩が結晶となって目につくことがあります。

梅干し塩結晶

カビか塩かの見分け方のポイントは、白いものの硬さ!

 

もし、ごつごつしているのであれば、
それは結晶になった塩です
ふわっとしていたら、それはカビの可能性大!

 

分かりにくかった時は、
梅干しをお湯につけてみましょう
白いものが溶けたら「塩」
溶けなかったら「カビ」
これなら判断出来ますよね!

 

梅干しのカビを放置したらどうなる?

梅カビの対処方法は
見つけたら放置しない、直ちに行動あるのみ!
カビの付いた梅は直ぐ取り除く。

 

そのまま置いておくとカビは広がってしまい
大丈夫な梅までダメにしてしまいます。

 

この後はカビの原因、それを知って入れば
カビが生えない様に対応できますからね。

 

梅干しにカビが生える原因は?

塩分量

昔は、しっかり塩で漬け込んだ梅干しが主流でしたが
最近は塩分が少なめの甘味がある梅干しも人気、
塩分が少なくなる分、カビが生えやすくなるんです。

 

保存状態

冷蔵庫のなかに入れていると、
水分がついてしまうことがあります、
それが原因でカビが一気に生えてしまうからです。

 

放置すること

長時間、本当に長時間、梅干しをそのままにしていると、
空気に触れている時間が長くなり、
気がついたらカビが生えていた!となります。

 

梅干しの紫蘇にはカビ生えるの?

梅干しの塩分が少ないとき、
梅だけでなく紫蘇にカビが生えることがあります。

 

梅と同様で、紫蘇に付いたカビの部分を捨てないと、
カビがどんどん増えていってしまいます。

 

その時に梅干しにカビが付いていないか確認し、
乾燥させたものを紫蘇と一緒に漬けなおせばOK。
全部を捨てる必要はありません。

 

まとめ

梅干しのカビは、見た目でだいぶ見分けることが可能。
また、カビが生える原因を取り除くことで、
梅干しが食べられなくなることも激減するんです。

 

保存食としてのイメージが強い梅干しですが、
手作りや低塩分の梅干しの場合、カビが生えてしまうと食べれません。

 

そのため、梅干しをこまめにチェックして、
カビを見つけたら早めに取り除くことが大切です。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#梅干しカビ  #梅白カビ #梅ピンクカビ #梅カビ

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント