ジャージャー麺とじゃじゃ麺の違いは?汁なしたんたん麺はどうなの?

食事

ジャージャー麺、最近はコンビニやスーパーでも
目にする様になりました
もう1つ気になるのは、
盛岡のローカルフードであるじゃじゃ麺。

 

そして広島に行ったら
ぜったい食べたい汁なしたんたん麺、
これも、ジャージャー麺に似ている料理なんですよ。

 

この3つの料理は、具体的に何が違うの?
料理の発祥や味の違いなどご紹介します。

 

スポンサーリンク

画像で違いを確認!

ジャージャー麺とは?

ジャージャー麺

 

盛岡のじゃじゃ麺とは?

盛岡のじゃじゃ麺

 

広島の汁なしたんたん麺とは?

広島の汁なしたんたん麺

※全てウィキペディアさんのサイトからです

 

ジャージャー麺の発祥は?

発祥は中国の北部にある山東省、
中国の各地で食べられている家庭料理の1つ
呼び名は炸醤麺(ジャージアンミエン)を
日本風にアレンジされている料理。

 

ジャージアンミエンから
ジャージャー麺という呼び名が生まれたんですね。

 

ジャージャー麺の特徴は?

日本のジャージャー麺は
中華麺を使用することが多くて、甘辛さが特徴的です。

 

 

ジャージャー麺のトッピングは?

炸醤麺のレシピが日本にわたり
たけのこ、しいたけ、もやし、ちんげん菜など
野菜がたっぷりのジャージャー麺が生まれてます。

 

盛岡のじゃじゃ麺の発祥は?

ジャージャー麺は、
中国の炸醤麺の特徴を受け継いてる感じ、
それに対して、炸醤麺の伝統を継承している
盛岡のローカルグルメであるじゃじゃ麺。

 

中国からなぜ盛岡に伝わった?

じゃじゃ麺の生みの親は
白龍(パイロン)の創業者である高階貫勝さん。

 

第二次世界大戦前に、
旧満州で炸醤麺を食べて、その味に感動!

 

帰国後、その味を自分で再現し、
屋台で出し始めたことが
盛岡名物となるじゃじゃ麺の発祥です。

 

じゃじゃ麺の特徴は?

平打ちうどんかうどんのように感じられる独特の麺
甘くない塩気の強い肉味噌が特徴的です。

 

じゃじゃ麺のトッピングは?

肉味噌ときゅうりとネギをかけます。

 

盛岡じゃじゃ麺食べる時の注文ルールがある?

じゃじゃ麺を食べ終わったら、
「チータンをお願いします」と言うこと。
※正確にはチータンタン

 

チータンとは、
じゃじゃ麺のシメに飲むスープのこと。

 

じゃじゃ麺のお店には、生卵が置いてあるので、
それをといてお店の人に渡します
すると麺のゆで汁・肉みそ・ネギなどをいれて、
スープにしてくれますよ。

 

チータンを画像で確認してみる 
発酵美食さんのサイト

 

汁なしたんたん麺の発祥は?

たんたん麺の発祥は四川省
四川省のたんたん麺は日本よりも辛味があり、
スープを入れないタイプのもの。

 

この四川省の味を受け継いでいるのが、
広島のローカルフードである
汁なしたんたん麺です。

 

汁なしたんたん麺の特徴は?

麺は、細麺もしくは中細麺
辣油や山椒のピリッとした辛さが特徴。

 

ジャージャー麺のトッピングは?

具材は肉みそや青ネギがメイン。

 

麺と一体化するくらい、
具材をしっかり混ぜ合わせることが、
汁なしたんたん麺をおいしく食べるコツ。

 

お店によっては、
温泉卵が添えられていることもあります。

 

汁なし担々?は二度楽しめる!確認してる 
ひろしま観光ナビさんのサイトです

 

担々?の余談

日本でよく食べられている
たんたん麺はスープ麺です
それは、日本人が食べやすいように、
辛みを抑えた味付けですなんですって。

 

まとめ

ジャージャ―麺は、
中国北部の山東省で生まれた炸醤麺を、
日本人好みにアレンジしたもの。

 

それに対して、炸醤麺に近い味を継承しているのが、
盛岡のローカルフードのじゃじゃ麺なんですね。

 

広島でよく食べられている汁なしたんたん麺は、
中国の四川省を発祥とするたんたん麺の味を
受け継いだものというわけです。

 

中国の各地で生まれた郷土の味が、
日本でいろいろな形で広まっているなんて、
とても面白いですね!

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#ジャージャ―麺  #じゃじゃ麺 #汁なしたんたん麺

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント