高級食材フカヒレって何の魚?どんな栄養がある?何歳から食べられる?

食事

高級食材である「フカヒレ」
フカヒレの姿煮は、特別なお祝いがなければ、
なかなか食べる機会がない高価な食べ物。

 

そんな特別感がたっぷりのフカヒレですが、
何かのヒレであることは分かるものの、
実際、何の魚なのか、分からないで食べた!

 

私の事なんですけど(^-^;
そこで、フカヒレは何の魚なのか、
どんな栄養があって、何歳から食べられる?
気になる事をご紹介します。

 

スポンサーリンク

フカヒレは何の魚?

サメです!

フカヒレは大きな鮫のどの部分?

「フカヒレ」は大きなサメのヒレのこと。

サメ

主に、尾びれや・背びれの部分を
乾燥させたものを「ふかひれ」と呼ぶそうです。

 

もっとも高級なフカヒレが、
ジンベイザメやウバザメのもの、
また、アオザメ・イタチザメのヒレも、
高級な部類に入ります。

 

一般的に食べられているのが「ヨシキリザメ」
このように、フカヒレと言っても、
いろいろなサメのものがある!ビックリです。

ふかひれ 詳しく確認する 
※ウィキペディアより

 

料理によって使う部分が違う?

形により大きく2つに分けられます。

 

パイツーって?

ヒレの形がしっかり分かるもの、
高級な中華料理に入っている、
フカヒレの姿煮がこれ!ですね。

 

サンツーって?

ヒレの繊維をほぐしたもの
スープや雑炊でお目にかかることが多いフカヒレです。

 

さらに部位による区分もある?

姿煮で使われるのが、
サメの前方にある背びれや尾びれ。

 

後方にある背びれ・腹びれ・尻びれは
中華点心の具材に!

 

麺類のトッピングとして多いのが胸びれ
見た目や食感にあわせて使い分けているんです。

フカヒレの事をもっと詳しく確認してみる 
※CHUTAKAさんのサイトです

 

フカヒレにはどんな栄養があるの?

コラーゲン

フカヒレに入っている栄養として
とくに有名なものがコラーゲン!

 

市販のフカヒレ商品にも、
コラーゲンと書いてるものが多いですよね。

 

肌のコンディションを良くしてくれる、
これがコラーゲンのいいところ
とくに肌のハリつやが気になる女性が
注目したくなるフカヒレの栄養素です!

 

また、コラーゲンは、
骨粗しょう症やひざの痛みの予防など、
骨の健康維持にもいいそうです。

 

さらにフカヒレの栄養として
豊富に含まれているのが、
カルシウムやマグネシウム。

 

フカヒレには、骨の健康に関わる重要な栄養素が、
3種類も含まれているんですね。

フカヒレの栄養と効果 もっと詳しく確認してみる 
※良好倶楽部さんのサイト

 

フカヒレは何歳から食べられる?

大勢で中華

このように栄養が豊富なフカヒレですが、
お祝い事などでお子様も一緒に食べる機会も。

 

そのため「何歳から食べて大丈夫か?」気になります。

 

基本的に年齢にかかわらず、
フカヒレ自体を食べることはできます。

 

フカヒレの原料であるサメは、低アレルゲンの食材。

 

魚アレルギーがある場合、
サメを代用食として使うことも多く、
アレルギーの心配も少なめ!という特徴があります。

 

※小さいお子様の場合は、注意したほうがいい場合も!

 

それは、フカヒレを使った料理の「塩分量」
主にフカヒレは、中華料理の食材として
接することが多いと思います。

 

中華料理は基本的に塩分が多い傾向
フカヒレ料理も、染みわたる濃厚な味付けが絶品!
ですが、お子様にはちょっと塩分が多いかも。

 

1歳未満のお子様は、
基本的に塩分を取らない方がベター
年齢が5歳になっていても、4.5g未満が推奨されています。

 

フカヒレは「何歳から食べられる」
答えを言うのは難しいですが、
料理の味つけなどを見て、
量や食べる部分を調整してあげるのがいいかと思います。

 

安くフカヒレが食べれるお店がある?!

※期間が終わっています
   次の機会があればご紹介します。

 

バーミヤンで
何と1299円!良心的です!

フカヒレ

 

タカアンドトシさんの番組(帰れま10)で
食べてたんです。

私としては
バーミヤンでフカヒレ食べれるんだ!
しかも安いと衝撃でした
期間限定だからこその価格だったんですけどね。

 

フェア名 「中華街物語」フェア
対象期間 2018年11月15日(木)
~2019年1月16日(水)

 

調べてみるとバーミヤンでは
2014年12月にも699円で提供してたみたい、
699円!その時に食べたかったぁ~。

 

この先、バーミヤンでフカヒレ食べれる時を
楽しみにしたいです!

 

まとめ

小ぶりながらもフカヒレが入っている
雑炊の素やスープの素もあるので、
食卓にフカヒレがあがる!ことも。

 

特別なお祝いでぜひ食べたいフカヒレですが、
料理の使い方で、形や種類が変わるという奥深さも魅力。

 

高級というだけではなく、栄養価もとても豊富!
日ごろの健康維持のためにも、
食卓にさりげなく取り入れてみたいですね。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

コメント