枝豆が腐るとどうなる?見分け方は?消費期限や美味しい保存方法は?

食事

ビールのおつまみとして最高!の枝豆、
最近は、健康のために枝豆を食べる人も多いですよね。
そんな枝豆ですが、うっかり食べるのを忘れていると、
腐っているのかなぁ、と心配になります。

 

そこで、枝豆が腐るとどうなるのか、
見分け方や消費期限、そして正しい保存方法を
くわしくまとめてご紹介します。

 

枝豆に黒い斑点が!食べれる?確認確認してみる

 

スポンサーリンク

枝豆が腐るとどうなる?

枝豆は鮮度がいいと、しっかりした歯ごたえが魅力ですが
鮮度が落ちて腐ると、ねっとりした感じになります。

枝豆のサヤのまわりには、白いネバネバした液体が…
それを触ると、糸を引く感じになります。

 

枝豆が腐ってるか見分け方は?

判断方法は「匂い」
臭いので腐っていることが分かります。

 

後「サヤの色が変色」、黒くなっているときも要注意。
サヤを開いて、なかの状態を確認してみましょう
ただ、もともとサヤの色が黒い枝豆もあります。

 

茶豆や黒豆の場合、腐ることとは関係なく、
もともとの色なので捨てる必要はありません。

 

枝豆の薄皮が黒い!その理由は?腐ってるの?食べても大丈夫?確認してみる

 

枝豆の消費期限は?

生の場合

約3日が賞味期限です、
もちろん、すぐに腐るわけではありません。

 

しかし、なかにある糖分がどんどん分解され、
それが腐る状態に、できるだけ早く食べることをおススメします。

 

もしも、すぐに食べることが難しい場合は、
冷蔵や冷凍で保存することで、消費期限を延ばすことができます。

 

枝豆を茹でると消費期限は少し伸び、
プラス2~3日はストック可能です。

枝豆のおいしいゆで方の動画です 確認してみる

 

冷凍する場合

1カ月は消費期限が伸びます、
しかし冷凍なので、どうしても風味はおちてしまいます。

 

枝豆の保存方法は?

冷蔵や冷凍で保存する場合、まずは枝から豆をはずします。

 

生のままよりも鍋でゆでてから保存する方が
よりよい保存状態を維持できます。

 

枝豆の薄皮は食べる?栄養価はあるの?薄皮を簡単に取る方法は?

枝豆を冷蔵するとき

茹でる

茹でた後、風通しのいい場所で、しっかり乾かしましょう。
扇風機を使うことで、さらに乾燥できるので、
長期で保存したい人にはおすすめ。

 

ジップロックやビニール袋などに入れて、
冷蔵庫にいれれば完了です。

 

枝豆を冷凍するとき

茹ですぎないことがポイント、
あつあつの枝豆を冷水で一気にひやし、水気をしっかりきります。

 

新聞紙やペーパーで拭いておきましょう
それを、ジップロックやタッパーにいれて冷凍保存。

 

アルミホイルで巻いておくと
冷えやすく短時間で冷凍することができます。

 

枝豆には種類がある?!美味しいのはどれ?確認してみる

まとめ

鮮度が命の枝豆、早めに食べないと、
夏場などはすぐに腐るので、見分け方を要確認!

 

どうせなら早いうちに食べるのが1番!いいこと。
ですが、たくさんもらって食べきれない!
というときは、冷蔵や冷凍でしっかり保存しましょう。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#枝豆腐る  #枝豆消費期限 #枝豆保存方法

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント