ティラミスとチーズケーキの違いはチーズにある?発祥や保存方法は?

食事

ティラミスとチーズケーキ、どちらも日本で人気のケーキ、
チーズの味わいを楽しめるという点も共通しています。

 

ティラミスとチーズケーキの違いや発祥、
さらにそれぞれの保存方法について、
くわしくまとめてご紹介します!

 

スポンサーリンク

ティラミスとチーズケーキのチーズの違いは?

ティラミス

ティラミス

特徴づけるのがマスカルポーネチーズです。

 

まろやかな味わいのマスカルポーネチーズに、エスプレッソがしみ込んだビスコッティ、
そして、ほんのり苦みがあるココアパウダーをあわせるのが王道のスタイル。

 

チーズケーキ

チーズケーキ

使用するチーズは色々、クリームチーズ、カッテージチーズ、マスカルポーネチーズ、リコッタチーズなど材料となるチーズの種類はさまざま。

 

そして小麦粉を混ぜることにより、しっかりとした食感にすることもチーズケーキの特徴です。

 

ティラミスとチーズケーキの発祥は?

ティラミス

発祥はイタリア、どの地域なのかは諸説あります。
よく言われているのが、北イタリアのヴェネト州。
「ベッケリーエ」という名前のレストランのオーナーの祖母と母が一緒に考えたそう。

 

スポンジではなく、フィンガービスケットで作ったのが、
ティラミスの始まりと言われています。

 

そのほか、マスカルポーネチーズの産地であるロンバルディア地方、
また、トスカーナ地方で生まれたとする説もあるそうです。

詳しく確認してみる
ウィキペディアさんのサイトから

 

チーズケーキ

チーズケーキの発祥は、なんと古代ギリシアにまでさかのぼります。

 

第一回オリンピック期間中に食べられたようです、ですが今とは見た目も味も違った物だったそうです。

 

現代に近い物は、ポーランドで生まれた、こんがりと焼いたベイクドチーズケーキ。
アメリカに渡ったヨーロッパ人がひろめたものは、
ニューヨークチーズケーキと呼ばれることもあるそうです。

詳しく確認してみる

ウィキペディアさんのサイトから

 

食べきれないとき、いい保存方法は?

ティラミス

食べる大きさにカットするのがおすすめ。
あまり小さくカットすると型崩れしてしまうので、
適度な大きさにすることがポイントです。

 

保存方法は、冷蔵庫よりも冷凍庫のほうが安心。
日持ちすることはもちろん、ティラミスアイスとして、
そのままとは違った味わいが楽しめるんです。

 

ひとつひとつ丁寧にラップでくるみ、
ケースにいれて冷凍保存しましょう。

 

チーズケーキ

チーズケーキは空気にふれる部分が多くなると、劣化が早くなってしまいます。

 

できるだけホールのまま保存しカットされている場合は、ラップで包むと、
おいしさが長く続きます。

 

冷蔵保存の期間は
・イクドチーズケーキ 1週間程度
・普通のチーズケーキ 3~4日程度、
・加熱していないレアチーズケーキ 2,3日

 

冷凍保存の場合は
・2週間程度の保存が可能になります
※味の劣化が進むので、早めに食べた方がいいと思います

 

まとめ

ティラミスとチーズケーキ、どちらも日本で人気のケーキですが、
同じチーズを使っていても、チーズのバリエーションや
使う材料に違いがあるんですね。

 

保存もどちらかというとしやすい!ケーキなので、
パーティーにもぴったり。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

 

#ティラミスチーズケーキ違い  #ティラミスとチーズケーキ発祥 #ティラミスとチーズケーキ保存方法

こちらのキーワードで検索ありがとうございます(^^♪

コメント