2019ひがしまつやま花火大会の穴場は?駐車場・トイレ心配なし人混み少ない!鑑賞スポットは?

花火大会

この花火大会のおすすめポイントは、
異常なまでの大混雑とは無縁なところ。
のんびり花火を楽しめる穴場スポットがたくさん!

 

色んな穴場をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

東松山花火大会お祭りの雰囲気を楽しみたいなら?

「都幾川リバーサイドパーク」

東松山花火大会の公式鑑賞エリア
最寄り駅は高坂駅、徒歩10分です。

公園のなかには多目的広場やソフトボール場など
いろいろなスポーツ施設がありまが
この公園の特徴はとにかくシンプル!

 

余計なものが何1つない公園、
だから花火を観る場所に不自由しません。

 

屋台はあるの?トイレは?

花火大会ならではの屋台も充実!
公衆トイレもあるので安心です、
長い時間、滞在することも可能!

 

公式鑑賞エリアですが、
他の花火大会と比べるかなり人混み少ない傾向です
場所取りを朝からしなくても大丈夫。
まだ、この花火自体が穴場と言ってもいいくらいです。

 

東松山花火大会に車で行くなら?

「ピオニウォーク東松山」

ひがしまつやま花火大会の当日、
屋上駐車場を無料で開放してくれます。

フェンスがあるので低い花火がみえにくいものの、
大型の花火は十分に鑑賞できます。

 

当日はスーパーのなかで屋台風の食べ物も販売
たこ焼き、やきそば、フランクフルトなど、
お祭りの雰囲気を満喫できる食べ物が並びます。

 

屋上駐車場にも少しですが屋台が登場
かき氷などを買うことができますよ~。

 

大型ショッピングモールなので、
レストランやフードコートも充実、トイレの心配はありません。

 

注意点は?

花火が終わった時間、
駐車場の出入り口がかなり混むので、
すこし時間をずらした方がいいかもしれません。

 

東松山花火大会を外でのんびり花火を観たいなら?

「都幾川の河川敷や農道」

公式鑑賞エリアである都幾川リバーサイドパークの
反対側に行くと、河川敷や農道が広がっています。

 

花火の打ち上げ会場から少し距離が出ますが、
遮るものがなく十分に花火を楽しめる穴場!

 

また地元の人が集まっているものの、
さほど混みあいません、人混み少ないところで
花火を観たい人にはぴったりの場所。

 

都幾川にかかっている橋の歩道は、
とくに見晴らしがいいのでおすすめ。
人数は少し増えますが、大混雑とまではいきません。

 

会場の屋台で食べ物を買ってから
河川敷まで移動する人も目立ちます、
車を止める場所がないので駅から歩いていくようにしましょう。

 

ひがしまつやま花火大会日程・アクセス・会場情報

東武東上線の高坂駅から徒歩約15分のところにある
都幾川リバーサイドパークで開催されるのが
ひがしまつやま花火大会。

 

高坂駅は池袋から60分程度ですが、
1本で行くことができるので、
アクセスは意外と良好です。

 

駅自体が大きくないので、それが理由で混みあいます
少し早めに会場へ到着する様に予定を組む事をおススメします。

 

今年の花火大会は8月24日(土)開催。
19:00から始まります。

この花火大会のおすすめポイントは、
異常なまでの大混雑とは無縁なところ。
のんびり花火を楽しめる穴場スポットがたくさんあるんです。

 

まとめ

ひがしまつやま花火大会は、
知名度があるわりには混雑が少なめ。

来場者も地元の人が中心なので、
アットホームな雰囲気を楽しめる穴場です。
人混み少ないところで花火を観たい人は、
ぜひ、足をのばしてみてください。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

#枝豆茶豆違い #枝豆茶豆栄養 #枝豆茶豆美味しい

このキーワードで検索ありがとうございます

コメント