ハイヒールとパンプスの違いって何?ヒールの種類は色々ある?

ファッション

女性の靴は、たくさん種類があります、
一つ一つちゃんと名前があるのですよ。

 

よく混合してしまうのが「ハイヒールとパンプスの違い」です。

 

何が違うのか?
お洒落を楽しむためにも代表的なヒールをご紹介します。

 

ハイヒール初心者さんのための「失敗しない選び方」基準は?

スポンサーリンク

ハイヒールとパンプスは一緒なの?

ハイヒールとパンプス、実はこの2つは全然違うんです!

「パンプス」は靴の種類の名前で、
「ハイヒール」はヒールのタイプのこと。

 

「パンプス」とは、甲部分が大きく開いていてヒモや留め具がなく、つま先とかかと部分が覆われている靴のことです。

 

「ハイヒール」とは、ヒールの高さが7cm以上のものです。

 

ヒール靴の種類6つ!

ヒールにはたくさんの種類があります。

たくさんあるヒールですが、ヒールの種類を見ていきましょう。

 

ピンヒール

 ピンヒール

特にかかとの部分が細長いものを指します。

 

脚の形をきれいに見せ、全体的なスタイルのバランスもとれるアイテムです。

 

チャンキーヒール

 チャンキーヒール

ヒール部分が太くなっているもの。

 

太いため安定感があり、足が華奢に見え、足長効果が得られます。

 

 

ウエッジヒール

 ウエッジヒール

靴底の土踏まずの部分がへこんでおらず、
かかと部分が高く、つま先に向かって低くなるヒール。

 

バランスがとりやすく、底に厚みもあるため、足の痛みが和らげられます。

 

プラットフォーム

 プラットフォーム

ソール全体がかかとからつま先まで同じように高さがあるもの。

 

安定感があり、脚長効果が得られます。

 

コーンヒール

 コーンヒール

上の方が太く、下が細いもの。

 

接地面が少ないので、バランスが取りにくいヒールです。

 

フレンチヒール

 フレンチヒール

付け根が太めで、ヒールの先端に向かってカーブを描くようにくびれているヒール。

 

美脚効果があり、デザインも凝ったものが多いのでパーティなどにぴったり!

 

ヒールの高さの種類3つ!

ハイヒール

ハイヒール

かかとの高さが7cm以上あるヒール。

 

7cmが女性の脚を美しく見せてくれる高さ、
大人が履くとエレガントで素敵な女性になります。

 

10cmの高さになるとパーティーで履くと存在感があり、華やかなイメージになります。

 

ミドルヒール

ミドルヒール 

4~6cmのヒール。

 

安定感があり、疲れにくい高さで
どのシチュエーションでも履くことが出来ます。

 

ローヒール

ローヒール

3cm以下のヒール。

 

歩きやすく疲れにくい高さで、ぺたんこ靴よりもお洒落で、女性らしさを出してくれます。

 

ハイヒールを格好良く履きたい!正しい歩き方は?

まとめ

パンプスとハイヒールには大きな違いがあったのですね。

 

パンプスでもヒールが7cm以上であれば、
パンプス、ハイヒールのどちらでも間違えないのです。

 

今回は少しだけヒールの種類を紹介しましたが、TPOに合わせてお洒落を楽しみましょう。

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

コメント