ヒートテックが寒いと感じる!?原因と対策のまとめ 暖かいインナーがある?

ファッション

冬になると大活躍するヒートテック!

 

最近は、分厚い極暖などが出て
ヒートテックも種類が増えましたね。

 

しかし、ヒートテックを着ても暖かくない!
むしろ寒い!と思ったことありませんか?

 

ヒートテックなのにどうして暖かくなのか?
その疑問を解消するために調べたことをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ヒートテックが寒いと感じるのは、なぜ?

ある共通点があります!

 

「体からの水分蒸発や汗が極端に少ない」
その逆の
「汗かきの人」

 

どちらも汗が関係しています
ヒートテックが暖かくなる仕組が汗に関係してるから。

 

暖かくなる仕組みって?

 

ヒートテックが暖かい仕組みとは?

私たちは冬でも、汗をかいています。

 

しずくではなく、
水蒸気になってしまうので実感はないですが、
1日に約800mlも水分がでています(驚)!

 

ヒートテックは「これ」を利用しているんです。

 

ヒートテックには
「吸湿発熱繊維」という素材を使っていて、
皮膚から出る水分や汗などを繊維が吸収することにより、
発熱するという仕組みになっています。

 

つまり体から出た汗や水蒸気などの
水分が繊維に吸収され熱に変わります。

 

このときに発生する「凝縮熱」という熱を利用して、
発熱させるのが、吸湿発熱繊維というわけです。

 

ヒートテックのデメリットがある!

発熱しないと意味がないばかりか、
汗により余計に寒くなってしまいます。

 

汗は体温を下げるための機能の一つです
なので、スポーツや体を動かす時はヒートテックは向きません。

 

ヒートテックを上手く活用しよう!

ヒートテックは
「着ていれば暖かい」ということはないんです。

 

多少の汗が必要です
ではヒートテックはどのように
上手く活用したら良いのでしょうか?

 

サイズはぴったりなものを選ぶ

ピッタリサイズ

ヒートテックは肌に密着させることで、
熱を逃がさないようにしています。

 

少し大きいサイズを選んでしまっても空気が入り、
しっかり保温ができずに暖かくない!
と感じてしまう1つの原因になってしまいます。

 

なのでジャストサイズか少し小さめを選びましょう。

 

寿命を見極めよう

見極め時

ヒートテックには寿命があります!

洗濯を繰り返してヒートテックが
伸びてきたなと思ったら、それが寿命です。

伸びてしまうと肌との密着が
少なくなってしまうので、
保温ができなくなってしまうのです。

 

メンズ・レディースの機能を把握しよう

機能

実は、ヒートテックは
メンズとレディースで少し機能が変わるのです。

 

メンズは「吸収速乾」
レディースは「保温」の機能があります。

 

身体を動かす方はメンズ用、
あまり動かない方はレディース用の使用がベスト
ライフスタイルに合わせて選びましょう!

 

別の暖かいオススメのインナー3つ!

ヒートテックでは寒さをしのげない!
そんなあなたが安心できる物があります。

 

もっと暖かくなれるインナーを紹介します。

 

ベルメゾン「ホットコット」

ベルメゾン ホットコット
これは非常に保温性に優れています!

 

素材は「綿」を使用しているので、
さわり心地がとても気持ちよく、軽いのが特徴です。

 

ホットコットシリーズの値段は、
990~2000円の間でご購入いただけます
ユニクロよりもお安く手に入りますね!

ベルメゾン 詳しく確認する 

 

イトーヨーカ堂「ボディーヒーター」

イトーヨーカ堂 ボディーヒーター
こちらも保温性に優れているインナーです。

 

素材に「ヨーレン」や「綿」を多く含み、
さわり心地や着心地が気持ち良い!
と絶賛の声が上がっています。

 

電車や暖房の効いた室内でのムレも素材がカバーして、
ずっとさらっとした着心地で過ごすことが出来ますよ!

イトーヨーカ堂 詳しく確認する 

 

GU「あったかスタイル」

GU あったかスタイル

ユニクロのヒートテックよりも保温性に優れています。

 

種類も長袖や9分袖など
種類が豊富であるというとこも
ライフスタイルに合わせて使いやすいですね。

 

ただ素材はポリエステルが多いため
着心地が気になる方もいらっしゃるかもしれません…

 

価格が790円と、
かなりお安く手に入れることが出来ます。

GU 詳しく確認する 

 

まとめ

いかがでしたか?

ヒートテックが寒いと感じる理由は様々
ヒートテック愛用者さんは
着方やサイズを見直して見てください!

 

寒がりさんはいろんな企業から
暖かいインナーが発売されています。
ご自身に合ったインナーを選んで、
寒い冬を乗り切りましょう!

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

コメント