正しい紫外線対策の知識とグッツあれこれ!紫外線対策に季節は関係ない?!

美容

暖かい季節になると、お出掛けも楽しくなり、
外に出掛ける機会が増えますね。

 

そんな時に気なるのが「紫外線」です!
日差しが強くなると、より気にする紫外線ですが
季節に関わらず太陽が出てる時は要注意です。

 

今回は、気になる紫外線の「あれこれ」を紹介します。

 

スポンサーリンク

紫外線に種類がある?

「紫外線」とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種
紫外線は波長の長さによって3つの種類に分けられます。

紫外線種類

引用:日本成人病予防協会さんのサイトから

 

「UVA」「UVB」「UVC」種類別に紹介しますね。

「UVA(紫外線A波)」

一番波長が長く、雲や窓ガラスを抜けて、
私たちの肌にまで届きます
地上に届く紫外線の約9割がUVAとされています。

 

UVAは浴びてすぐに影響が出来ることはなく、長期的に現れます。

 

肌の真皮層という深い部分に届き、
コラーゲンやヒアルロン酸を作る繊維芽細胞という
大切な細胞にダメージを与えます。

結果として「シワ」や「タルミ」の原因になります
だから日常生活で最も気をつけなければいけない紫外線!

 

外出時はもちろんですが、
ガラスを抜ける特徴があるので、室内にいる時も油断してはいけません。

 

「UVB(紫外線B波)」

次に気をつけて頂きたい紫外線です。

 

UVBは中波長で「炎症」や「シミ」の原因とされています
とても強い紫外線で少し浴びただけで
日焼けを起こしてしまいます。

 

皮膚がヒリヒリするのは「サバーン」と呼ばれるもので、
数日後に肌が黒くなるのは「サンタン」と言われ、
色素沈着させる働きをします。

 

サンタンがシミの原因になってしまいます。

 

窓ガラスを抜けることはないので、
室内の時は問題ありませんが、
外出する際はしっかりとした対策が必要です。

 

「UVC(紫外線C波)」

UVCは強い殺菌作用があり、
遺伝子にまで影響が及ぶ危険な紫外線です。

 

ですが一番波長が短く、オゾン層に吸収されてしまうので、
地上に届くことはないので安心してくださいね。

 

紫外線はいつが多いの?対策はいつから?

紫外線といえば「夏」というイメージを持ちますが、
実は春から紫外線は増えているんです。

 

特に夏前の5月は年間でも最大の紫外線が降り注ぐ月なので気を付けましょう。

紫外線分布

引用:国土交通省 気象庁のサイトです

 

東京の紫外線のグラフを見ても、
3月から徐々に増え始め、10月頃まで紫外線が多いです
そしてどの季節でも紫外線がない時はありません。

 

春から秋は紫外線対策は必須!ですが
11月から1月までも紫外線はあります、
対策をしなくて良い時期はないと思って下さい。

 

ウィンタースポーツをする人や寒い地域に住んでいる人は
雪によって紫外線の反射があるので
ちゃんと紫外線対策をしましょう。

 

時間帯と天気によって紫外線の強さは違うの?

紫外線が強くなるのは太陽が高い位置にある時です。

 

夏至は太陽の位置が一番高くなりますが、
梅雨の影響で5月より紫外線は少なくなります。

 

快晴時の紫外線量を100%としたとき、
曇りの日は50~80%、雨でも30%も紫外線が届いています。

 

季節によっても変わりますが、
1日のうちでも紫外線量は変わります
多い時間帯は9時から15時です。

 

季節や天候を問わず紫外線対策をしましょう!

 

オススメの紫外線対策は?

日焼け止め

日焼け止め

「日焼け止め」にはPAとSPFの数値が
記載されていますが、
PAはUVA、SPFはUVBに対応しています。

 

外出時には強い日焼け止めがオススメです
今は、化粧下地と日焼け止めが
一緒になっている物もあるので使いやすいですよ!

 

日傘や帽子

日傘や帽子

紫外線をカットするには有効なアイテムです。

 

日傘や帽子は色によって効果が変わります
黒は光を吸収して紫外線をカットした上に
照り返しでも光を吸収してくれます。

 

一方、白は光を反射させ紫外線をカットします
でも照り返しは防ぐことが出来ません。

 

外側が白で内側が黒の日傘が
効率よく紫外線をカットできますよ!
帽子はつばが広いものがオススメです。

 

UVカットのメガネやサングラス

UV

紫外線は目からも侵入し白内障などの
病気の原因にもなってしまいます。

 

その対策としてUVカットの
メガネやサングラスをかけましょう。

 

レンズのカラーを濃くしてしまうと瞳孔が拡大し、
紫外線が入りやすくなってしまうので、
薄いカラーを選びましょう!

 

外出時や運転時には必須アイテムです。

 

まとめ

紫外線にはシミやタルミの「肌の老化」を
引き起こすだけでなく病気の原因にもなります。

 

紫外線は意外にも私たちの健康に影響する存在でしたね。

 

肌老化や病気にならないためにも、
年間を通して恒常的な紫外線対策を行いましょう!

 

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

#紫外線対策 #紫外線対策の知識

コメント